■ 高草郡の式内社

鳥取県の八上郡に訪れた時、湖山池の南西のほとりのホテルに一泊しました。
湖山池は、「池」という名がついていますが、広いし、美しい。小さな島々が遠くに見えますが、
大昔は、海だったのだろうなあと思わせます。

湖山池  鳥取県鳥取市
古代は海の湾であったが砂丘の堆積によって、海と別れた海跡湖。

e0354697_20465816.jpg

この湖山池の西南方面が、「高草郡」でありました。
高草郡の式内社(927年)を記述しますと、①伊和神社、②倭文神社、③天穂日命神社、④天日
名鳥命神社、⑤阿太賀都建御熊命神社、⑥大和佐美命神社、⑦大野見宿祢命神社の7社。

倭文神社を別にしても、祭神名が神社名となっていて、なんとわかりやすい。その倭文神社にして
も祭神とは違うのかもしれないが倭文氏の神社ということは間違えようがない。
だから、たぶん祭神は平安時代より、変更されることなく、今日まで至っていると思います。

ここ高草郡には、天穂日命系統の神社が3社あります。「天日名鳥命」は、天穂日命の御子、「
熊命」は、天日名鳥命」の別名です。
それも、湖山池の西南のほとりに集中しています。湖山池が昔は海だったことを考えると、ここは
太古港で海上交通の要だったのだろうなどと想像します。

単純に考えれば、天穂日命一族が太古ここに住んでいたのだろうと思いますが、島根県東部が、天
穂日命直系の出雲国造家の本拠地と言われているのに、これぞ天穂日命を祀ったと言われる神社が
多くありません。出雲大社の祭神が、素戔嗚命に変わったことや、熊野大社の祭神が素戔嗚命であ
ることを考えると、天穂日命一族そのものは先祖の天穂日命そのものよりも、素戔嗚命を祀った感
じがします。

だから、ここの天穂日命系統の神社も、その直系の氏族というよりも、後継の氏族ではないのかと
思ってしまうのです。

湖山池公園の駐車場に車を停め、天穂日命神社へ行きました。

天穂日命神社拝殿  鳥取県鳥取市福井字宮ノ谷361

e0354697_20443549.jpg

天穂日命神社説明板

e0354697_20445363.jpg

〝ふるさと文化探訪
 天穂日命神社

 古代高草郡の豪族因幡国造氏の氏神を祭る式内社である。
 古代の因幡に大社は国府町にある宇部神社であるとされているが、格式から見ると9世紀中頃まで
 は、天穂日命神社が宇部神社よりも上位にあった。すなわち、因幡国内における中心的勢力はこの
 高草郡に本拠を於く因幡国造氏であった。
  なお、天穂日命神社が、元は現在の布勢日吉神社の社地にあったという一説もあり、社地の決定
 には疑問視する向きもある。

 平成四年三月  
                                   鳥取市教育委員会  "
 ※ 下線は私。

この説明板の下線のところにうん?と思ってしまいました。「因幡国内における中心勢力はこの高
草郡に本拠を於く因幡国造氏であった。」というところです。その前提となる因幡国造氏は、彦多
都彦命を創始とする和邇氏系、また宇部神社の神主家の伊福部氏系だと自分は思い込んでいたので、
どちらの氏族も、大国主命は奉祭するであろうと思いますが、天穂日命が氏神ではないのだろうと
する違和感です。

どうだったかなと改めて調べてみました。
まずは、『先代旧事本紀』。"稲葉国造 成務朝の御世に、彦坐王の子の彦多都彦命を国造"とあり
ます。

この彦多都彦命ですが、父、日子坐王が崇神天皇時、丹波に派遣されたの古事記の記述あり、
丹波道主命=美知能宇斯王は派遣先の丹波で生まれた男子であるから 丹波彦立王であるといい、
丹波道主命=彦立王という説があります。

ちなみに、富家伝承本によれば、"磯城王朝最後の大王の名前が、旧事本紀に表れている。その中
の国造本紀では、大王・彦道宇斯は、「彦多都彦命」と名が変わっていた。かれは稲葉国(のちの
因幡国)に追われて、稲葉国造となった。彦多都彦命の娘・ヒバス姫は、望まれてイクメ大王の后
となった。武内宿祢は彦多都彦命を守るために、イナバ国の宇部(鳥取市)に移り住んでいた。"

高群逸枝著『母系制の研究』(講談社文庫)によれば、"(1)彦多都彦命…(2)伊其和斯
彦命、大己貴命十四代孫武牟口命の子伊布美宿禰の命の児なり…。(3)若子臣(汗麻宿禰の子)
系図に云ふ…、…中略…因幡国造は、彦坐系を外にしても、大国主系、武内宿禰系、尾張系の三系
を内包している。"

また、宇部神社宮司家、伊福部氏は通説では物部氏の一族とされ、「伊福部氏系図」を見ると、「
饒速日命」は出てきますが、「天穂日命」はどこにも見当たりません。

むむむ…これはどういうことなのか、改めて国造を、調べて見ます。
以下 ウィキペディアの抜粋です。

"大和朝廷の行政区分の1つである国の長を意味し、この国の範囲は令制国整備前の行政区分である
ため、はっきりしない。地域の豪族が支配した領域が国として扱われたと考えられる。また定員も
1人とは限らず、1つの国に複数の国造がいる場合もあったとされる。"

考えてみるに、国造というのがずっと一つの血統、氏族のみであるという考え方があるが、弥生時
代の末期から大化の改新まで、ずっと同じ氏族と言うのがそもそも不自然です。
複数の国造がいたかも知れないし、また争いで国造の系統が取って代わったこともあるでしょう。

説明板の出典は何かわかりませんが、国造の系譜として、天穂日命系統の一族か、あるいは野見宿
禰の一族ー土師氏の系統もあったのかもしれません。時代時代で、国造の系統が変わっていたこと
もあるのでしょう。

天日名鳥命神社 鳥取県鳥取市大畑字森崎874

e0354697_15234910.jpg

■ 自然の造形  阿太賀都健御熊命神社  

『日本書紀』では、崇神天皇の項では、武日照命(武夷鳥命とも天夷鳥命ともいう)ですが、国譲
りの項では、天穂日命の御子は、大背飯三熊大人(おおそびのみくまのうし)、別名・武三熊之大
人(たけみくまのうし)と書かれています。

阿太賀都健御熊命神社(あたかつたけみくまのみことじんじゃ)は、その「武三熊之大人」を祀っ
ています。「たけみくま」の前に付いている「阿太賀都」(あたかたつ)はなんでしょうか?美称
なのか、『新撰姓氏録』に「和仁古、大国主六世孫 阿太賀須命之後也」というのがありますが、
和邇氏の祖神と天穂日命の御子を同時に奉祭したのかしら?よくわかりません。

よくわからないと言えば、神社の場所がなかなかわかりませんでした。
カーナビをつけていたら、すぐわかったのかどうかわかりませんが、ゴルフ場の近くをぐるぐる彷
徨っておりました。

あっ、道しるべを発見。ここを左折しないといけませんでした。

e0354697_20330160.jpg

地図がありました!

e0354697_20332948.jpg

地図の通りに歩いていきますと、山の小道に鳥居が見えます。

e0354697_20343652.jpg


ついに神社が、見えるところまで来ました。
しかし、急な坂が続いています。右手には、自然石の80段の石段だそうです。

阿太賀都健御熊命神社  鳥取県鳥取市御熊612 

e0354697_20351961.jpg

この自然石の説明書きがありました。

”鳥取市指定文化財
 御熊神社 玄武岩柱状節理  昭和四十九年四月四月指定
 御熊神社社殿一帯にみられる玄武岩は、径約五十センチ、長さ百五十~二百センチの六角状の玄
 武岩で形成されており、その数量及び範囲については確かなところ不明である。社殿への参道階
 段や民家の石垣などにはこれたの玄武岩が多く利用されている。
 玄武岩の産地は市内にもみられるが、そのほとんどが縦型柱状節理のものであって、当御熊神社
 にみられる横型柱状のものは珍しいものである。

「節理」とはなんぞや?
ウィキペディアによれば
「節理(せつり)とは、岩体に発達した規則性のある割れ目のうち、両側にずれの見られないもの
 をいう。マグマ等が冷却固結する際や地殻変動の際に生じる。なお、割れ目の両側にずれが見ら
 れる場合は断層になる。」

そうですか。石になって割れたのではなく、石ができる時割れたのですね。不思議です。

e0354697_20390401.jpg

なんとか神社に到達できました。

e0354697_20410821.jpg

神社の裏山には、玄武岩柱状節理が見れます。自然の造形物とはにわかに思えません。まるで石切
りの工場がどこかにあって、積み上げたように思えます。

e0354697_20425778.jpg


e0354697_20433756.jpg

健御熊命神社は昔、柱大明神とも呼ばれ、石を切り出す鉄を鍛えた「鍛冶屋谷」、石の切屑を捨て
た「石屑(こけら)谷」、「細工谷」などの地名が残り、摂社に鍛冶殿社を祀ったのだそうです。

by yuugurekaka | 2017-06-26 18:30 | 出雲国造

鳥取県の中山神社に向かう国道9号線に「木の根まんじゅう」の大きな看板に出会います。
木の根は、木の根神社の御神体を模した形のようです。
買って食べてみましたが、程よい甘さでおいしかったです。


                       木の根饅頭
e0354697_09461272.jpg

木の根饅頭のお店の北側に「木の根神社」があります。「木の根さん」「への子松」とも云われ、
子宝、縁結びなどにご利益があるとされて、今でも全国から参拝客があるそうです。

木の根神社鳥居  鳥取県西伯郡大山町松河原

e0354697_09454080.jpg

ここの神社の由緒ですが、鳥居横に説明板に書かれていました。

"生まれつき身体が弱く、元気のない松助という若者は、結婚すればすぐお嫁さんに逃げられてし
まいました。
母親は、何とかならぬものかと八幡さんにお参りすると「山の中ほどにある大きな松の根にあやか
りなさい。」とお告げがありました。
そこで、母親は、その松の根を持ち帰り、朝夕一心にお祈りすると、数日たって松助は見違えるほ
ど立派な男になり、後に5人の子供にも恵まれ、長者になったということです。"

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の説明板

e0354697_09452391.jpg


ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、明治二十四年にセツ夫人と再びこの地を訪れ、紀行文に木
の根神社の事を書いたそうです。
どんなことを書いているのかと思い、本を借りて、読んでみました。
下記は、その本の抜粋です。

上市という、眠ったような小さな村の近くで、名高い神木を見るというので足を止める。神木は、街
道ぎわの小高い丘の森の中にあった。木立をはいると、三方を低い崖に囲まれた、小さな窪地みたいな
ところへひょっこり出た。―崖の上には、樹齢いくばくともしれぬみごとな老松が、亭々と群ら立っ
ている。太い磐根が岩を割って崖の表面に這いだし、さしだす枝と枝が低いそこの窪地に、昼なお暗い
緑陰をおとしている。そのなかの一本が、太い三本の根を妙な形に突き出していて、その根元のところ
に、なにやら祈願の文句を記した紙のお札だの、奉納の海草だのが巻きつけてある。なにか言い伝えに
よるというよりも、その三本の根そのものの形が、民間信仰から、この木を神木に祀り上げた、といっ
たものであるらしい。…中略… いったい、樹木崇拝―もしくは、その樹木に宿っていると考えられ
神の崇拝、これは多くの原始民族に共通な性器崇拝の名残であって、昔は日本にも広く流布していた
ものだ。それが政府の弾圧をうけるようになってから、まだ五十年とはならない。 …後略…"

                   "小泉八雲著・平井呈一訳『日本督見記 下』 恒文社 " 
※下線は私

木の根神社

e0354697_09455704.jpg

樹齢いくばくともしれぬみごとな老松が、亭々と群ら立っている。」とのことだったが、そびえ
立つ大きな松は見当たりません。今は、大きなその根だけが、拝殿の中に納まっているようです。
拝殿の中にまた祠があり、石棒がお供えしてあります。
小泉八雲が描いている太い三本の根がどれなのか、よくわかりませんでした。

e0354697_09454833.jpg

"これは多くの原始民族に共通な性器崇拝の名残であって、昔は日本にも広く流布していたものだ。
それが政府の弾圧をうけるようになってから、まだ五十年とはならない。"
原始共同体時代の信仰として、ホト岩や石棒信仰は世界共通のものであったようですが、"一時、
社法制定のころ淫祠として廃棄をすすめられたこともあるという。" 鳥取県立米子図書館編
『郷土史跡めぐり(西伯耆編)』米子 今井書店発行)事のようです。
江戸時代には、あちこちの神社であったようですが、明治時代の神社再編の中で、廃棄されたり
祠の中で陰をひそめたものと思われます。

この神社の裏の丘に登ってみました。
ん?この石は、磐座なのか、石棒のモニュメントなのかしら。


e0354697_09450293.jpg

それと、このピンクの鳥居は、逆さ鳥居というのでしょうか?


e0354697_09451689.jpg

鳥取県立米子図書館編『郷土史跡めぐり(西伯耆編)』(米子 今井書店発行)によれば、"一方
木根神社の前から南上したところにある香取の「ほととぎす橋」の傍らには「甫登(ほと)神社」
がある。谷あいにある天然の大石が女性を象徴し、ともに原始信仰の姿を伝えている。"と。

しかし、この丘から、逢坂八幡さんの方向に歩いて行くと、甫登(ほと)神社の鳥居が…。

e0354697_09445460.jpg

甫登(ほと)神社

e0354697_09444829.jpg

饅頭屋さんで、聞いたところ、香取の甫登神社を勧請したものらしい。
甫登(ほと)神社の隣には、やきもち神さんが石室の中に、鎮座していました。

この後、香取の甫登神社に参拝しようと思い向いましたが、大山の麓なので雪で通行不能でした。
一月中旬のことです。

by yuugurekaka | 2017-06-13 21:45 | ラフカディオ・ハーン

■鵜鷺(うさぎ)の地

黄泉の穴の伝承地として有名な「猪目洞窟」をさらに西に行くと、鵜峠(うど)という地域に入り
ます。鵜峠をさらに西に行くと、鷺浦(さぎうら)という地域に到達します。

鵜峠(うど)浦
『出雲国風土記』(733年)には宇太保浜(うたほはま)と記されています。中世に宇道、宇峠とも呼ばれ、江戸時代に
鵜峠になったという。

e0354697_21521042.jpg

鵜峠+鷺浦で明治22年、「鵜鷺村(うさぎむら)」が誕生し、昭和26年(1951年)に大社町と
合併するまで存在しました。

鷺浦については、奈良時代より「鷺浜」なる地名があり、起源の古い地名であると思います。

鷺浦港  向こうに柏島が見える。
『出雲国風土記』(733年)には、すでに鷺浜(さぎはま)と記されている。

e0354697_23214540.jpg

伊奈西波岐神社

ここの鷺浦港に面したお宮が、出雲大社摂社「伊奈西波岐神社」です。式内社「大穴持伊那西波伎
神社」に比定されている神社です。鷺社とも呼ばれています。
祭神は、社名の通り稲背脛命(いなせはぎのみこと)です。

この神ですが、日本書紀の「国譲り神話」の所で出てまいります。

 "このときその子の事代ことしろ主神ぬしのかみは、出雲の美保みほの崎にいって、釣りをたのしんでおられた。
 あるいは鳥を射ちに行っていたともいう。そこで、熊野の諸手船もろたふね(多くの手で漕ぐ早船か)
 に、稲背いなせはぎ諾否いなせを問う足)をのせてやった。そして高皇産霊尊の仰せを事代ことしろ主神ぬしのかみに伝
 え、その返事を尋ねた。" 
        ( 『日本書紀(上)』全現代語訳 宇治谷 猛 講談社学術文庫 )
 
古事記では稲背脛命ではなく「アメノトリフネ」が登場します。稲背脛命は、天穂日命の御子「
夷鳥命(あめのひなとりのみこと)」と、同神とされていますが、日本書紀では、同段に、大背おおそ
びのみ熊之くまの大人うし(またの名は武三たけみ熊之くまの大人うし)と書かれており、ここがそのように書いてないところを
見ると
武三たけみ熊之くまの大人うし=稲背脛命とは読み取れないように思えるのです。ともかく国譲りを承諾する
かどう
かを問う使者という役割を与えられた神には間違いがありません。

ここの
大穴持伊那西波伎
神社が、鷺社に呼ばれるにいたった背景がなんだったのでしょう。
鷺浦に鎮座しているというこ
ことなのでしょうが、天日名鳥⇒鷺ということからも、きているんで
しょうか?
古事記では、鷺(さぎ)は
天若日子の葬儀のときの、箒持ちの役割を担います。この箒は、「伯耆
耆」の由来とも
云われ、(伯耆風土記逸文では、「母来」となっています。)伯耆国造は、天穂日
命の系統ということになっているので、そういうこと
が関係しているのかしら

昭和41年御由緒調査書によれば「往古佐木といへる社号は延喜式神名帳に伊奈西波伎神社とあるを
以って神号を蒙り波伎と言ふべきを「は」と「さ」を通音を以て佐木と万葉書に記し来り一浦の名
も此社号より佐木浦といへり神号を象り(かたどり)社号とする例多し
…中略…防州岩国の住人某
奇想に出雲国佐木大明神と称し玉ひて疱瘡安全を守護し給ふとの託
宣有て夢覚ぬ翌朝家内へ白鷺一
羽翔入りて暫時有て飛去方を見れば出雲国の空に当れり誠に奇異の思いをなして速かに大社へ詣り
来り件の瑞夢を語りしより鷺の文字に改め書すと。」

ここに書かれているのは、「
伊奈西波伎社
」⇒「
波伎社」⇒「佐木社」⇒「鷺社」という転訛のよ

うです。

伊奈西波岐神社  
祭神稲背脛命   所在地 出雲市大社町鷺浦102  


e0354697_21511838.jpg

ところが、江戸時代の地誌、黒沢石斎著『懐橘談』(前編1653,後編1661)の「鷺の宮」の段では、
鷺社の祭神が、「素戔嗚命の妾」となっています。国譲りの段の登場する神とは、まったく縁の無
いものなっています。

"出雲国鷺宮は何れの神を祀り侍るやと牧童に尋ね侍れば是れは素盞鳴命の妾にてましましけるが天成
の霊質にて御契浅からざりしが後に天瘡を患ひ給ひ花の顔、忽に変じて悪女とならせ給ひ素戔嗚命と御
中もはやかれかれにならせ給ふ
かくて妾女我身の色衰へたる事を悲み、天神地祇に深く誓ひ給ひて末世の人民我に祈る事あらば疱瘡の
患を免れしめんと誓約し給ひし故に今に至る迄此の宮の石を取りて子児の守り袋に入れてかけぬれば痘
疹の病を脱ぐといひ伝へたりとぞ
年老ひたる社司の語りしは是は瓊瓊杵尊なり伝記にいふ所は昔神託童而祈我者免瘡之患爾来為痘瘡守
護神云々殊勝にぞ覚へ侍る」と"

「素戔嗚命の妾」とはいったいだれなのか?
弥生時代は対偶婚であって、そもそも「妾」なる概念そのものが無いはずですが、ともかく、疱瘡
を患って素戔嗚命と不仲になってしまいます。そこから、
稲背脛命=疱瘡に罹った
「素戔嗚命の妾」、
あるいは瓊瓊杵尊、というように別の伝承が組み合わさったような感じがします。

伯耆・南部町の鷺神社が、祭神 稲背脛命 磐長姫命としているところを見ると、瓊瓊杵尊と磐長姫
命が関係しているのかと思いましたが、そこは、元々別の神社の祭神で合祀されたもののようで違う
ようです。

ここの伊奈西波岐神社は、江戸時代、鷺大明神として全国的に有名だったようで、日向佐土原の修験
野田泉光院の『日本九峰修行日記』に"これ疱瘡の守護神日本第一也と云ふ"と書かれています。
ここの神社の石が「ご利益」があったということなのですが、宗教上の理由以外にも何か理由がある
のではと、ここの石の意味を考えてみました。
鷺浦には昭和10年代初頭に閉山するまで銅山があったようです。
銅は殺菌作用のある鉱物らしい。⇒一般社団法人 日本銅センター
それが関係したかどうかわかりません。

伊奈西波岐神社の灯籠の波乗り兎
鵜峠の大宮神社本殿にも波乗り兎の彫刻が施されています。

e0354697_15231378.jpg

■「素戔嗚命の妾」は、だれか?

伊奈西波岐神社から出雲大社までの山道を車で運転していると、突然道路下に大社造の神社が現れ
てびっくりします。大穴持御子神社、通称三歳社(みとせのやしろ)です。
富家伝承本によると、大和の葛城御歳神社が出雲に里帰りしたものという。

高比売神(高照姫命)、事代主命の兄妹は、出雲の神であると同時に、大和(葛城)の神でもあり
ます。

大穴持御子神社( 三歳神社 )   島根県出雲市大社町杵築東 
祭神 事代主神 高比売神 御年神

e0354697_21504592.jpg


長野県諏訪市大和に先宮神社(さきのみやじんじゃ)というこの高照姫命(高光姫命)を祀った神
社があります。古くは「鷺宮」さぎのみや、「鵲宮」さきのみやと呼ばれたようです。そして、こ
この祭神「光姫命」は、またの名を「稲背脛命」とされているとのことです。

社伝の一説によれば、高光姫命を首領に頂く大和の原住民は、建御名方神が諏訪に攻め入った時、
抵抗したがついには服従して、現在の社地から出ることを許されず、現在も境内前の小川に橋を架
けられていないそうです。
しかし、富家伝承によれば、高照姫命は、建御名方神のおばとなっています。

それはともかく、素戔嗚命は、富家伝承本によると彦火明命(=饒速日命)と同神であり、高光姫
命と結婚して丹波の海部王朝をつくり、その後、市杵島姫命と婚姻して、筑紫王朝をつくるという
ことになっています。海部氏勘注系図、先代旧事本紀でも、下記の系図となっております。
稲背脛命=素戔嗚命妾説ですが、高照姫命離縁説の伝承が背景にあるのかななどと思ったりもしま
す。

鳶大明神の本源地は、出雲の伊奈西波岐神社であると思いますが、白兎神と習合するにいたったこ
とは、その名の「さぎ」にあるのかもしれませんし、「皮が剥げる」といった疱瘡と素兎との共通
項からなったのかもしれません。ただ、太古からそうだったとは、自分には思えないのです。

e0354697_09165761.jpg

                                   


参考文献   
杉谷 正吉著『伊奈西波岐神社(鷺大明神)疱瘡守護神由来記』
                  (大社史話会発行『大社の史話第23号』)
       石破 洋著『イナバノシロウサギ総合研究』(牧野出版)
       宇佐 公康著『宇佐家伝承 古伝が語る古代史』(木耳社
        斎木 雲州著『お伽話とモデル―変貌する史話』 (おおもと新書)
       勝 友彦著『山陰の名所旧跡―地元伝承をたずねて』(大元出版)

by yuugurekaka | 2017-06-03 16:16 | 因幡の素兎