日置氏の足跡 (5)  河内郷 ② 河内国

■氏族分布

七三九年の『出雲国大税賑給歴名帳』では、扶養する高年の者および年少者の属す戸主の姓氏だけを記しており、属するすべての氏族名を記してないが、大方の氏族の分布がわかる。

河内郷(百一名中八十五名記載され、十六名欠)
日置部臣 二十三戸
日置部首 四戸日置部 一戸建部臣 二戸、建部 一戸、日下部首 二戸、山長首 一戸、神門臣族 二戸、林臣族 一戸 

河内郷は、日置氏が圧倒的であり、拠点であったろうと思える。

■河内国との関わり


『雲陽誌』(1717年)の「上郷」に「河内」を称する「河内明神」の記載があり、はてな?と思える箇所がある。

河内明神 何の神をまつるや未知、古老傳云河内國より勧請せり、故に俚民河内明神と申なり、社四尺に五尺承応年中建立の棟札あり、祭禮九月廿九日、

河内国から勧請したので河内明神?
河内郷にあるから、河内明神ではないのか。『出雲風土記』(733年)では『斐伊大河がこの郷の中を北へ流れる。だから河内という。』というのが、そもそも由来ではないのだろうかと、疑問に思った。しかし、その片方で、『出雲風土記』は地元の人が考えたので、正しいというように考えがちだが、そもそも「河内国に由来するから河内郷」という説もありうるのではないかと思った。

河内明神が、現在の河内神社であろう。

河内神社 島根県出雲市上島町3495

e0354697_10264419.jpg

『神国島根』によると
〝河内神社 
[主祭神] 木花開耶姫命
[由緒・沿革] 創立不詳といえども文亀年中の社記に当社は風土記にいう河内郷河内神社に座して郷の中土に御座これ有る処、洪水の節、今地に移す、その後を神田という。式外の社とも登載あり、明治五年二月村社に列せられる。
明治四十三年十一月三十日許可を得、明治四十四年十月十九日上郷神社に合併す。昭和二十三年九月一日神社本庁統現の承認を得て、御祭神を今の場所に奉遷、河内神社を再建す。

河内神社と称するがゆえ、もともとは河内郷の中心地、上津の方に合ったと思える。斐伊川は暴れ川であるため、宮が流されるようになって、現在地になったのではあるまいか。
しかし、なぜ、木花開耶姫なのだろう。河内郷であったところには、なぜだか、日向神話にまつわる祭神の神社が多い。


■日置氏の系譜


「新撰姓氏録」(815年)で、日置氏の系譜がないか調べた。

右京 皇別 日置朝臣 朝臣 応神天皇皇子大山守王之後也 

なんだ京都の右京ではないかと、思えるが、この応神天皇は、奈良から河内に都を移した天皇である。
第15代天皇の応神から始まる王朝は、河内国に宮や陵を多く築いていることから「河内王朝」と呼ばれる。当時の「河内国」は、「当時、律令制以前の為、律令制以後の摂津国、河内国、和泉国、全ては河内であった。」(→ウィキペディア 河内王朝 )
これで、日置氏と河内がつながった。

この大山守皇子(おおやまもり の みこ)であるが、高城入姫命を母として、仁徳天皇や菟道稚郎子の異母兄になり、記紀では、跡継ぎ争いで船を転覆させられ、水死した皇子であり、大山守命とも云われる。『日本書紀』応神天皇記では、山川林野を掌る役目としたとある。
『古事記』には後裔氏族として土形の君(ひじかたのきみ)幣岐の君(へきのきみ)榛原君(はりはらのきみ)が、書かれている。ウィキぺディア 大山守皇子 )

また、同母兄に、額田大中彦皇子がいる。『日本書紀』では、游宇宿禰と屯田の帰属をめぐる争う伝承と、闘鶏氷室(つげのひむろ)の起源説話に登場する。出雲の仏経山の周りに斐川町神氷氷室なる地名もあり、もしや何か関係があるのかしらなどと思った。
額田部氏の起源にも関係しているのではないかなというのも浮かぶ。

木花開耶姫命の父神は、大山津見神である。応神天皇の御子大山守命と名前が似ている。もしかしたら、習合したんではないだろうか。まあ 大した根拠も無く、想像でしかない。

[PR]
トラックバックURL : https://yomiagaeru.exblog.jp/tb/27292099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2018-05-24 09:22 | 日置臣 | Trackback | Comments(0)