賀茂神戸の謎(10)出雲国 ⓸大和神戸

■もう一つの神戸

なぜに出雲国の県境のところに賀茂神戸があるのかということをテーマに考えてきたが、賀茂神戸とは別にもう一つの神戸が、出雲風土記(733年)から、『新抄格勅符抄』大同元年牒(806年)の間に発生していることに後から気づいた。能義郡にとは、どこにも証拠がないわけだけれども、出雲風土記に書かれている話でゆかりがありそうな場所は、能義郡にしかなさそうに思う。

『新抄格勅符抄』大同元年牒(806年)によれば、

大和神 三百廿七戸 勝宝元-十一月十四日奉レ充三百戸廿七戸不レ見奉レ充年 大和廿戸 十戸 神護元-奉レ充 尾張七戸 常陸百戸 出雲五十戸 武蔵五十戸 安芸百戸 

この大和神がどこの神社かと云うと、
奈良県天理市
新泉町星山にある大和神社(おおやまとじんじゃ)と比定され、祭神が倭大国魂神を祭っている。この倭大国魂神であるが、日本書紀崇神天皇の時代に記載ある有名な神だ。天照大御神が大和にいられなくなり伊勢神宮に鎮座するまで彷徨う羽目になった原因でもある。 

大和神社拝殿 奈良県天理市新泉町星山306
中殿に、日本大国魂大神 左殿に八千戈大神 右殿に御年大神を祭っている。

Oyamato-jinja, haiden.jpg
                                 By Saigen Jiro - 投稿者自身による作品, CC0, Link


これより先、天照大神、倭大国魂の二神を天皇の御殿の内にお祀りした。ところがその神の勢いを畏れ、共に住むには不安があった。そこで天照大神を豊鋤入姫命に託し、大和の笠縫邑に祀った。よって堅固な石の神籬を造った。また日本大国魂神は渟名城入姫命に預けて祀られた。ところが、渟名城入姫命は、髪が落ち、体が痩せてお祀りすることができなかった。〟
                         
〝このとき倭大国魂神が、穂積臣の先祖大水口宿禰にのりうつっていわれるのに、「最初はじまりのときに約束して、『天照大神はすべての天原を治めよう。代々の天皇は葦原中国の諸神を治め、私には自ら地主の神を治めるように』ということであった。…後略…」
       (『全現代語訳 日本書紀 』宇治谷 猛 講談社学術文庫)

ここだけを読むと、この倭大国魂神は、須佐之男命と思える。一説には大国主命の荒魂とも言われている。しかし、後の記述を見ると、どうもそうは思えない。
体が痩せ細ってお祀りすることができなかった渟名城入姫命に代わって、大倭直の祖の、長尾市宿祢(市磯長尾市)に命じて、倭大国魂神を祀らせる。三輪山の大物主命をわざわざ子孫の大田田根子命を探し出し祀らせる話があるが、その時、大田田根子命とセットで記述されているので、おそらく、市磯長尾市は、倭大国魂神の直系の子孫であると思われる。

■倭国造

大倭直の祖(倭国造の祖でもある)というならば、ヤマト王権の中心のようなものである。
しかし、『新撰姓氏録』(815年)では、天神ではなく地祇」となっている。 

大和国 神別 地祇 大和宿祢 出自神知津彦命也

それもそのはず、この長尾市宿祢の祖の「神知津彦命」(別名宇豆彦」「椎根津彦」「倭宿禰」と云う)は、記紀において、イワレヒコ天皇(神武天皇)の東遷に亀に乗ってやってくる大和までの導きの「国津神」として登場してくる。話の筋書上、饒速日命以外天神は大和に先に居てはならない。(ちなみに長尾市宿祢は 宇豆毘古の7世孫)
海部氏本系図(『籠名神社祝部氏係図』)では、始祖天火明命-天香語山命-天村雲命亦名天五十楯(妃-伊加利姫)-倭宿禰 と、海部氏4代目なので本来「天神」のはずだが、対物部氏(神武天皇)との兼ね合いで、「国津神」を名乗るしかなかったのか。
また、『古事記』孝元天皇の段に「木国造之祖宇豆比古」とあるが、紀氏の祖と同じ人物なのだろうか。

富家伝承では、初代天皇は、丹波から南下した天村雲命で、後代の物部氏の東征神話が挿入され、初代が入れ替えられたという。また、富家伝承のように須佐之男命=天火明命(=饒速日命)と考えると、倭大国魂神=須佐之男命となって、たいへんつじつまが合ってくる。

■能義郡の大和神戸


能義郡に大和神戸があったとの記載はどこにもないが、
『和名類聚抄』(わみょうるいじゅしょう)(931年 - 938年)の郷名に「賀茂郷」と「神戸」が別々にある。『出雲風土記』(733年)の時代には、「神戸」=「賀茂神戸」であった。

能美郡

  舎代 安來 楯縫 口縫 屋代

  山國 母理 野城 賀茂 神戸


私は、初めに賀茂神社のあるところが、安来郷から分解して、賀茂郷になったのかと勘違いしてしまった。要は「飯梨郷」が無くなっているわけで、安来市利弘の賀茂神社の周りが、「賀茂郷」になったか、あるいは、賀茂郷は、大塚町の「賀茂神戸」のままで、飯梨郷に新たに神戸が発生したと考える方が自然である。出雲風土記(733年)の記載に、


飯梨郷(いいなしのさと)

〝郡家の南東三十二里なり。大国魂命、天降りましし時、ここに於て御膳食し給いき。故に飯成(いいなし)と云う。【神亀三年(西暦726年)に字を飯梨と改む。】〟(島根県古代文化センター編 『解説 出雲風土記』 今井出版)


と、あるのでこれほど縁のあるところは無いと思う。

意多伎(おたき)神社 本殿 島根県安来市飯生町679

大国魂命を祭る。


e0354697_22563195.jpg

■出雲国の氏族

海部氏の始祖であると思われる大国魂命だが、単に朝廷に押し付けられただけでなく、現地にその海部氏やその後継氏族(紀氏)がいたのではないかと思うその眼で、出雲風土記を見ると、意宇郡(能義郡も含まれる)の郡司(701年に編纂された大宝令により、評が廃止されて郡が置かれ、郡司として大領・少領・主政・主帳の四等官に整備された。)のところで、「主帳 無位海臣」が見える。臣姓だが海部氏ではないだろうか。また、「主政 外少初位上勲十二等林臣」も見られる。これも、紀氏の羽田矢代命の後也の林臣でないだろうか。

そうして考えると出雲国で、須佐之男命を祭神とする神社が、多く分布するのは、海岸の方と、山間部である。いわゆる大国主命・事代主命を祖とする本家の出雲族ではなく、同族となった海部氏や紀氏の氏族の関係から分布の理由があるのではないか。





[PR]
トラックバックURL : https://yomiagaeru.exblog.jp/tb/27094796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2018-02-21 20:32 | 賀茂 | Trackback | Comments(0)