野城大神の謎(4) 延喜式神名帳

■ 延喜式神名帳の記載

式内社とよく言い、いかにここの神社が古くから格式がある神社であるかを示す言葉があるが、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十に記載されている官社である。
ここの神社の記載がさらに頭を混乱させる。和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)能義郡にあるはずの野城神社や意多伎神社が意宇郡に記載され、能義郡にある神社は、天穂日命神社だけ載っている。

能義神社 鳥居 島根県安来市能義町366 

e0354697_16201043.jpg


意宇郡 48座(大1座・小47座)の式内社抜粋 
社名           比定社 
野城神社        能義神社  島根県安来市能義町366
同社坐大穴持神社    合祀:能義神社同上
同社坐大穴持御子神社  合祀:能義神社同上
意多伎神社       意多伎神社  島根県安来市飯生町679
         (論)愛宕神社   島根県松江市外中原町54阿羅波比神社境外末社
同社坐御訳神社     意多伎神社  島根県安来市飯生町679

能義郡  1座(小)
社名           比定社 
天穂日命神社      支布佐神社  島根県安来市吉佐町365


和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)は、承平年間(931年 - 938年)に成立したと言われる。と、なれば①現在の能義神社辺りは、
延喜式神名帳の時代は、意宇郡であり、927年から4年間の間に、能義郡が地域として拡大したと思える。
あるいは②延喜式神名帳に載っている野城神社や意多伎神社は、意宇郡にあり、現在の比定される能義神社や意多伎神社は、能義郡に存在し、意宇郡に現在の比定社とは別の神社があったと思われる。
また、あるいは、③神社の存在する地域は、能義郡であるが、過渡期であり、神社そのものは、意宇郡の管理下にあった。そういう①②③の3説が思い浮かぶ。
こういう経緯を踏まえると、能義郡が、野城大神の名前から由来するという説が怪しくなってくる。

それゆえ「天穂日命神社」の比定を巡って、能義神社は、吉佐村の国津大明神(現 支布佐神社)との間に正徳年間と明治初期の2回にわたり論社争いがあった模様である。(→ ウィキペディア 能義神社 

支布佐神社(きふさじんじゃ)拝殿  島根県安来市吉佐町365  
『日本文徳天皇實録』によれば、仁寿元年(851年)九月丁亥【十八】
青幡佐草壯丁命。御譯命。阿遲須伎高彦根命。與都彦命。速飄別命。天穗日命神等並授從五位下とある。

e0354697_16185554.jpg

■ 『日本三代実録』 「能義神」の記載

『日本三代実録』(にほんさんだいじつろく)は、延喜元年(901年)に成立した歴史書である。

《卷十四貞觀九年五月二日庚子》○二日庚子。出雲國從五位下能義神。屋神並授從五位上。

《卷二十貞觀十三年十一月十日壬午》○十日壬午。雷電。』授武藏國正五位上勳七等秩神從四位下。從五位下椋神從五位上。飛騨國正五位下水無神正五位上。出雲國正五位上湯神。佐往神並從四位下。五位上能義神。佐草神。揖屋神。女月神。御譯神。阿式神並正五位下。從五位下斐伊神。智伊神。温沼神。越中國從五位下楯桙神並從五位上。(太字は 私)(八六七)

貞觀9年(867年)に「五位下能義神」、貞觀13年(871年)に「五位上能義神」とある。この「能義神」が、能義神社の「野城大神」か、支布佐神社の「天穂日命」を表わしたものか、あるいは、切川神社の「野見宿禰」なのか、定かではない。


能義神社の境内社に「野美社」がある。「野見社」とは書かずに「野美社」と書かれてある。
これは、「能美」→「野美」ではなかろうか?ちょっと悩ましい表記だ。
        
祭神は、時代によって変わるものである。現実の祭神をもって、歴史を語ることはできない。
ただ、能義郡の地域も、出雲臣の勢力が強かった地域であることは間違いない。
出雲臣といっても、おそらく一系ではなく、何系もあったと思われる。

能義神社 境内社  野美社 

e0354697_23194598.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://yomiagaeru.exblog.jp/tb/26234034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by valmalete2 at 2017-12-25 00:44
はじめまして 興味深くブログを読ませていただきました。

ノギの大神は、佐太神社でイザナミ神として祀られていると佐太神社の方から
聞いています。富家の方が言うには、佐比売=加賀神社のキサカヒメのことだそうです。
文献で証明するのは難しそうですね。
私も出雲関連のブログを少ししています。
(https://blogs.yahoo.co.jp/tsubame7_bio_titech)
Commented by yuugurekaka at 2017-12-25 20:52
> valmalete2さん
「神々の黄昏」の昌幸さんですね。
わざわざ コメント下さりありがとうございます。
時々、読まさせていただいております。

私は、甚だ薄学ですので、図書館で様々な文献を探しながら
出雲王朝の証明というか、そういうことをしたいと思っていますが、
なかなか面白い文献にぶちあたりません。

時代時代の上書きを剥いで、古代のありようを想像するのはなかなか骨のいる作業だなあと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2017-12-03 16:02 | 野城大神 | Trackback | Comments(2)