スサノオ一族の上陸地(3) 富家伝承  

富家の伝承によれば、そもそもスサノオノミコトが存在しないようです。
この大田市の大浦港に上陸するのは、古代中国の秦の始皇帝より派遣された徐福ウィキペディア 徐福
と童男童女たち一行だそうです。じょ・・・じょふく?びっくりぽんです。

「徐福」と言われると、一般的には山陰地方は、伝承地は無いことになってしますし
どうもピンと来ません。紀元前3世紀時代の話のようですが、この「徐福」が和名として、一度目の
来日で「火明(ほあかり)」を名乗り、二度目の来日で「饒速日(にぎはやひ)」を名乗ったようです。

一見突飛な説のように思えますが、物部氏系の伝承とされる
先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)→ウィキペディア 先代旧事本紀 では、「またの名を天火明命
またの名を天照国照彦天火明尊、または饒速日命という。またの名を胆杵磯丹杵穂命(いきいそにきほの
みこと)。」となっています。

古事記では、火明命はニニギノミコトの兄です。火明命=饒速日命とは。
さらに、古事記でスサノオノミコトで述べられていることを加えると、スサノオ=火明命=饒速日命と
いうことになります。

下記は斎木 雲州著『出雲と大和のあけぼの』 144頁、145頁に乗っている出雲王家の系図からの抜粋ですが、
古事記、日本書紀で語られる系図とは違うので、ちょっと混乱します。
古事記、日本書紀では、大国主命一神に収斂されてしまって、なにがなんだかわかりませんが、宗像三女神も
このような婚姻関係で、初代ヤマト王権とつながりがあったとは。


e0354697_14525005.png
日本書紀では、五十猛命と大屋姫は兄妹となっていますが、この系図では夫婦となっており、大屋姫は
スサノオノミコトの娘ではなく、アヂスキタカヒコノミコトの娘です。

物部氏の祖が、饒速日であることは、よく知られたことです。
出雲大社のあるところの近くの(奈良時代の)楯縫郡(たてぬいぐん)には、物部氏ゆかりの布都御魂
を祀った神社が三社あります。
そのうちの一社である塩津浦の石上神社ですが、「スサノオ誕生の地」との伝承があるそうです。
スサノオ=饒速日命ということなら、なんら無関係な話ではありません。
そもそもスサノオが持っていた十拳剣(別名 天羽々斬剣)が、天理市の石上神宮に祀られているわけ
ですから。

石上神社  出雲市塩津町279

e0354697_16241521.jpg


トラックバックURL : https://yomiagaeru.exblog.jp/tb/24095120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yuugurekaka | 2016-01-30 16:27 | スサノオ一族 上陸地 | Trackback