人気ブログランキング |

孝霊天皇の鬼退治ー出雲・吉備戦争(3)    孝霊天皇の終焉地 

孝霊山   鳥取県西伯郡大山町・米子市

 古くから、香原山・瓦山・高麗山・韓山・唐山・光霊山などとも 称されてきました。
右に見えるは大山。詳細は → ウィキペディア 孝霊山
孝霊山の麓の西北に日本最大の高地性集落の遺跡「妻木晩田遺跡 」があります。


e0354697_16180238.jpg

“キビ王国のフト二王の勢力は、伯耆町の宮原からさらに北に進んだ。尾高から後世に吉備式土器が出土したのは、キビ
の兵が残したものであろう。竜神が住むという赤松の池の北方に、コニーデ型の丸山があった。フト二王の勢力それを
ぐるっと回って、その東北の宮内(大山町)に留まり住んだ。フト二王は、孝霊という諡(死後の贈り名)となった。それで
コニーデ型の丸山はフト二王にちなんで、後世には孝霊山と呼ばれた。
                            斎木雲州著『出雲と大和のあけぼの』(大元出版)より   

※ フト二王…第七代天皇 孝霊天皇のこと。
  和風諡号は、日本書紀では、「大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこ・ふとにのすめらみこと)」、古事記で
  は、「大倭根子日子賦斗邇命」と記述されている。



高杉神社 社号標・鳥居


e0354697_16164730.jpg

高杉神社拝殿

e0354697_16171971.jpg

“フト二王は晩年を、宮内で過ごされた。今、高杉神社が建っているところが、その屋敷跡である。そこには、大和の都か
らは后細姫と妃福姫が付いて来られた。ところが、フト二王は伯耆地方で若い美人を見つけて、屋形に迎え熱愛されたと
いう。かえり見られなくなった細姫は、息子オオキビツ彦がまだ住んでいた日野の樂樂福神社の西宮に移り住んだ。”
                            斎木雲州著『出雲と大和のあけぼの』(大元出版)より  

ここの神社では4年に1度、「うわなり(後妻)神事」が行われています。
この神事の起こりの由緒として、以下のように伝わっています。

“・雄略天皇丙辰(476)年、近郷で次々と災難が起こった。
・託宣(神のお告げ)によって、孝霊天皇(紀元前342年~紀元前215年:『古事記』『日本書紀』に記される第7代天皇)
 に仕えた2人の官女「松姫命」と「千代姫命」の霊魂が、本妻である「細姫命」に対して嫉妬していることが原因とわかっ
 た。
・3人の姫の社をつくって祀り、祭日には神事を行ったところ、災難は治まり幸せに生活することが出来る様になった 。”
                                      鳥取県公文書館 ブログ記事 より
神事の様子が、鳥取県公文書館 ブログ記事に詳しく載っていました。

先日 NHK「タイムスクープハンター」の再放送で「うわなり(後妻打ち)」をドラマ化したものをやっていましたが、
中世から江戸時代には、「うわなり(後妻打ち)」というものが一般的に習俗として存在していたようです。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2015-12-19 08:00 | 出雲・吉備戦争 | Comments(0)