出雲国造の系譜の謎  (1)  ~出雲風土記~

出雲国造は、スサノオノミコトとの誓約の時に生まれた天照大御神の子どもである
天穂日命を初代とした系譜です。
高天原より、大国主命に国譲りを迫るために派遣されましたが、大国主命に恭順し
国譲りの後には、大国主命を奉斎する役割を担います。
これが、古事記、日本書紀に共通する事柄です。

天穂日命の墓との伝承のある神代塚古墳   安来市吉佐町神室

e0354697_20340632.jpg

しかしながら、実際は出雲国造は、出雲国庁のあった松江市東部に居て
出雲大社ではなく、熊野大社を奉斎していたといいます。
ではだれが日常的に出雲大社を祀り守っていたのでしょうか?

出雲風土記(733年)の楯縫郡(たてぬいぐん)の記述を見ておやっと思いました。
楯縫(たてぬい)の地名由来として、神魂命が 大国主命が住む天日栖宮の建設を命令し
天御鳥命(あめのみとりのみこと)を「楯部」(→ウィキペディア 盾縫)として、天から派遣された
とのことが書かれています。それで、今(奈良時代)に至るまで、楯や桙を造っていると書かれています。

曽枳能夜神社(出雲市斐川町神氷823) の祭神  
「出雲国造の租、伎比佐都美」 (古事記 垂仁天皇の条) はどのような系譜なのか   


e0354697_20343206.jpg


この神魂命(カミムスビノミコト)ですが、古事記では出雲の神を守る高天原の母神とも言うべき存在ですが
日本書記には登場してきません。存在を消されているように思います。
少彦名命(スクナビコナノミコト)の親神も古事記ではカミムスヒになっているのに
日本書記では、タカムスビノミコトになっていますし、出雲大社の建設のこともタカミムスビが
大国主命に語っています。(一書 第二)

天穂日命の子ども武夷鳥命とこの天御鳥命は同神説がありますが
仮にそうだとすると、どうして天穂日命と一緒に出雲の東部に降臨しないのだろう。
楯縫郡は、出雲大社のある出雲郡の隣の郡なのです。
ここを読んだ限りでは、高天原(ヤマト王権)につながる系譜は2経路あるように私には感じられます。
一つは、天照大御神・タカムスビノミコトから派遣された天穂日命,
もう一つは、カミムスビノミコトから派遣された天御鳥命と、いうようにです。

それと、出雲風土記にはこういう記述もあります。

 “健部郷(たてるべごう)。

 ー前略ー 後に改めて健部と名づけたわけは、纏向檜代宮御宇天皇(景行天皇)がおっしゃられたことには、
 「わたしの御子、倭健(やまとたける)命の御名を忘れまい」と健部をお定めになった。
 そのとき神門臣古禰(かんどのおみ こみ)を健部とお定めになった。
 健部臣たちが古から今までずっとここに住んでいる。だから、健部という。” 

                              解説 出雲風土記 島根県古代文化センター[編 ]今井出版


ヤマト王権の軍事集団とも言うべき建部(→ウィキペディア 建部氏が、西出雲にあるということです。
そして、それは出雲臣ではなく、神門臣ということです。
となれば、出雲東部の出雲臣だけではなく、出雲西部の神門臣も
ヤマト中央と「景行天皇の時代は」つながっていたということです。
ヤマト中央と言っても、連合政権なので、こういう経路が
いくつかあっても不思議ではありません。

ヤマトタケルと出雲タケルを祀った波迦(はか)神社(出雲市斐川町武部)

e0354697_08131497.jpg

e0354697_08140031.jpg

全長約92mある出雲西部最大の前方後円墳 今市大念寺古墳 (出雲市今市町鷹の沢)

e0354697_20342311.jpg

物部氏もからんで、出雲国造の系譜といっても
さまざまな系譜が習合しているのではないでしょうか。
古墳時代の「西部出雲」が、「円墳・前方後円墳」
「東部出雲」が、「方墳・前方後方墳」というように 古墳の作り方まで
ヤマト王権との関係性から変わっていると言われています。


全長約94mある出雲東部最大の古墳  山代二子塚古墳  (松江市山代町二子)
e0354697_20341379.jpg

続く


トラックバックURL : https://yomiagaeru.exblog.jp/tb/23814120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2015-10-27 21:09 | 出雲国造 | Trackback | Comments(0)