人気ブログランキング |

出雲郡 宇賀郷(2)  ~ 黄泉の穴 めいどさん ~

出雲市奥宇賀町に 綾門日女が、隠れた「黄泉の穴」があると知り
行ってみました。この黄泉の穴のことが雲陽誌(1717年)に載っています。

雲陽誌によれば(以下抜粋)
 
 ・・・古老伝に大己貴命と綾門姫 夫婦睦からざるにより
 綾門姫大社を忍出たまひたり。
 大己貴命 籠守(かごもり)明神を伴たまひて
 綾門姫を追たつねたまひ、奥宇賀布施の山に到ぬ、

 山の半腹に穴あるを見て此穴のほとり人の通たるとおほしくて
 草靡(なびき)たり、綾門姫もし此穴に隠居たまふにや、
 籠守明神は、爰(ここ)に守居たまへとて此谷を布施者にたまはりたるによりて、
 今所の名として布施とはいふなり、

 大己貴命口宇賀を窺たまふに綾門姫出たまふに逢たまへり・・・・


出雲風土記当時(733年)は、大国主命が綾門姫に妻問うて 綾門姫に「伺う」=訪問する話であったものが
江戸時代には、結婚して出雲大社で一緒に住んでいたものが、
夫婦仲が悪くなって、綾門姫が里に逃げ帰り、大国主命が隠れた様子を「窺う」=様子を見る 話に
転化しています。

さて、私は、まず十六島湾まで行き、そこから、黄泉の穴がある奥宇賀町布勢に車で登っていきました。

十六島湾(うっぷるいわん) 
e0354697_23550278.jpg


向こうに見える側が 風土記時代(733年) 楯縫郡で、手前が出雲郡宇賀郷(いずもぐんうがごう)になります。
ああ 道路標示がありました! 向こう側が、北方面(海の方向)です。

e0354697_23550375.jpg


この道を歩いて登っていきます。

e0354697_23550475.jpg


鹿のバリケードを開けて入り、 いよいよ黄泉の穴のある谷に到着。

e0354697_23550557.jpg


ここの階段を下って行きます。

e0354697_23550523.jpg


谷に降りたら今度は、登って行きます。あと 130mと書かれていました。

e0354697_23550790.jpg


結構 急です。落ちたら、一巻の終わりです。

e0354697_23550750.jpg


ああ やっと 綾門姫を祀っている祠が見えましたー。

夜見神社と黄泉の穴

e0354697_23550820.jpg


黄泉の穴 「めいどさん」
e0354697_23550987.jpg


これが黄泉の穴ですか。地元の人には「冥土(めいど)さん」と呼ばれているそうです。
人が入れそうな大きな穴ではないです。
本居宣長「玉勝間」(1793 年~1801) の「出雲国なる黄泉の穴」の項によれば
言伝えとして、「穴から毒気がのぼることがあり、ふれればたちまち息絶える」
「昔は石が次々と岩に当たって落下する音が響いていたが、ある者が大きな石を落してから
音がしなくなった」のだといいます。

「玉勝間」の話ではないのですが
昔はこの穴が出雲大社方面までとつながっていたという伝承もあるとのことです。

黄泉の穴と言えば、たいへん怖いイメージがありますが
実際行ってみると そんな怖くはありませんでした。
急な段々から、滑って落ちるのではないかと、いう恐怖はありますが…。

そもそも、『出雲国風土記』出雲郡条の宇賀郷の項には黄泉の坂・黄泉の穴と呼ばれる
洞窟の記載があり、そこから派生した話ではなかったのでしょうか。

それとも、島根半島の北西部は、見知らぬ渡来人が来訪する場所で
うかつに近づいてはならぬ、禁足のような場所だったということなのかもしれません。
(これは私の勝手な想像です。)


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2015-08-29 23:59 | 出雲風土記 | Comments(0)