人気ブログランキング |

出雲大社境外社  命主社

e0354697_16121709.jpg

出雲大社の境内から北島国造館へ出て、東へ約200メートルの所に
命主社(いのちのぬしのやしろ)があります。小さな社です。
左手に鉄棒とか 子供の遊び場がありました。

祭神は、神産霊神(カミムスビノカミ)です。
以下 wikipediaより引用→カミムスビ Wikipedia
“カミムスビ(カミムスヒ、カムムスビ)は、日本神話の神。
『古事記』では神産巣日神、『日本書紀』では神皇産霊尊、
『出雲国風土記』では神魂命と書かれる。
天地開闢(てんちかいびゃく)の時、天御中主神・高皇産霊神の次に高天原に
出現し、造化の三神の一とされる。”

この世界が始まった時から 存在する「造化の三神」の一つであるのに
このような小さな社で良いのか 素朴に疑問を感じます。

大国主命が、異母兄弟に殺された時、蘇させるために尽力する神でもあり
大国主命が、共に国造りする神、少彦名神の親でもあります。
高天原の神とはなっていますが、出雲の神様をサポートする天神です。
出雲風土記に至っては、出雲の国の祖神のように書かれています。
天津神=大和 国津神=出雲 という構図だけで考えると
頭が混乱してきます。

出雲にも大和とは別に天神がいるという風に理解した方が、話がわかりやすい
と思います。

出雲風土記 楯縫郡の条で
「楯縫と名づけるわけは、神魂命がおっしゃられたことには、
『わたしの十分に足り整っている天日栖宮の縦横の規模が
千尋もある長い栲縄を使い…所造天下大神の住む宮を
造ってさしあげなさい。』とおっしゃられて、
御子の天御鳥命を楯部として天から下しなさった。」
(「解説 出雲風土記 」 島根県古代文化センター編 より引用)

※ 天日栖宮(あめのひすみのみや)…出雲大社のこと
※ 所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)…風土記では
  大国主命のことを言います。

※ 天御鳥命(あめのみとりのみこと)…アメノホヒの子
  アメノヒナトリと同一視する説もあるらしいです。

ここの神魂命を、出雲国造の祖神 アメノホヒと読み替えても
つじつまが合います。
勝手な想像ですが、松江市大庭町の神魂神社の神魂とは
出雲風土記のうえでのカミムスビー神魂命だったのでは
ないか、などと思ってしまいます。

命主社境内に生えている樹齢1000年とも云われる
ムクノキのこの根っこにまず 圧倒されます。

e0354697_16114787.jpg

命主社の後ろに真名井遺跡?と思われる祠。
私が行ったときには、表示板が抜き取られていました。
木にわらのへびが巻き付いています。荒神さんなのでしょうか。
ここの遺跡から、弥生時代の銅戈と硬玉(ヒスイ)勾玉が発見されています。

銅戈は北部九州から、ヒスイ製の勾玉は北陸地方からのものと考えられており、
弥生時代から、出雲大社の場所が重要な祭祀の場所だったということらしいです。


e0354697_16115850.jpg





Commented by ミケシマ at 2014-08-03 16:07 x
やっぱり出雲大社はすごいですね。
このムクノキさんの根っこがまたスゴイ!
夜中に歩き出しそう…
これは一見の価値ありですね。
ギリシャ神話が好きで子供の頃よく読んでいたけど、日本の神様も面白そうですよね。
今度図書館で本借りてこよーっと☆

Commented by たまくん太陽 at 2014-08-04 12:58 x
ミケシマさん コメントありがとうございます。
そうですね、出雲大社の外でも
面白いものが いろいろあります。

私らが知らないだけで まだまだ 出雲大社には
不思議なものがあるような気がします。
私も神社巡りするたびに
新しい発見があります。

Commented by ま~ねん at 2014-08-04 21:05 x
凄いなぁーーーー 圧巻!!

源氏物語や枕草子ができた時代
凄いなぁーーーーー
平安王朝とか夢見て憧れてきたけど
この木は その時代から生きてるんやねーーー
凄いなぁ・・・・・・・

気持ちがタイムワープしちゃいそうですww

Commented by たまくん太陽 at 2014-08-05 19:33 x
まーねんさんへ

そうですなあ。1000年以上も
ずっと生きてきて
人間の歴史を見続けているんですね。

タイムワープですかあ
夢ありますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2014-08-02 10:33 | 出雲大社 | Comments(4)