神魂神社と出雲国造

松江市大庭町にある神魂神社です。
神魂と書いてカモスと読みます。
神魂の名の由来ですが、神坐所(カミマスドコロ)が
カンマス、カモスとなっていったのではないとと 云われています。

古く由緒ある神社ですが、
延喜式神名帳(927年) 出雲風土記(733年)にも記載がありません。
出雲国造の私的な神社ではなかったかと云われています。

神魂神社 入口

現在の本殿は、天正11年(1583年)の再建と言われます。
天正11年と書かれるとピント来ませんが、
豊臣秀吉の大阪城の築城が始まった年です。

現存する本殿は「大社造りの中では、最も古い建築物」で
昭和27年3月に国宝に指定されています。

神魂神社 本殿 正面

この神社は、案内板によれば
「出雲国造の大祖アメノホヒがこの地に天振られ出雲の守護神として創建」
となっており、女神イザナミを祀っており、女千木です。(男神イザナギ合祀)

神魂神社 本殿1

同じ境内にある貴布祢稲荷両神社。
この社殿も天正11年の建立で重要文化財となっています。
社殿は珍しい二間社流造だそうです。
「珍しい」と言われても何が珍しいのかわかりません。
ウィキペデアを調べてみました→ウィキペデア流造(ながれづくり)

“正面の柱間が1間(柱が2本)であれば一間社流造、
3間(柱が4本)であれば三間社流造という。”
柱が3本である流造(ながれづくり)はあまりないということなんですね。

お稲荷さん

下記の写真は、本殿の天井に書かれている
「五色の九重雲の図」です。
社務所で、本殿の壁画の葉書が売られており買いました。
「出雲国造神火相続式を終え社務所にて鶴山亀山と呼ぶ
祝相撲観覧の図」「当社の神在祭に因む佐太神社及加賀
の潜戸の図」などの壁画の写真も入っていました。

出雲大社本殿の天井には「八雲の図」と言いながら
七つの雲の絵しか描かれていません。
“もう一つの雲は、ここ神魂神社に飛んでいったのかもしれません”
などと云われていますが、神魂神社には九つの雲が描かれています。

かもす神社 壁画 

出雲国造と言えば、出雲大社に参拝された方はわかると思いますが、
出雲大社の東側に、北島国造館、西側に千家国造館があります。
北島・千家 の出雲国造家はいまでこそ 出雲大社のある杵築に住んでいますが
昔は、神魂神社の参道から出た所に、住んでいたようです。
一説によれば、716年第26世のころから、杵築に移ったそうです。

参道の先に説明板が、ありました。

出雲国造館跡推定地

出雲国造が住んでいた頃は、出雲大社のある杵築ではなく
現在の松江市東部が、政治や祭祀の中心地だったようです。




トラックバックURL : https://yomiagaeru.exblog.jp/tb/23490112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yuugurekaka | 2014-07-31 15:56 | 出雲国造 | Trackback | Comments(0)