人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さくらおろち湖 

前回、奥出雲町の佐白の八頭(やと)地区のヤマタノオロチ伝説を書きましたが、今度は木次町の湯村・日登の伝承地へ行ってみました。

地図で見ますと、濃厚なヤマタノオロチ伝説の伝承地(木次町の平野部や加茂町にもありますが)は、さくらおろち湖の周辺の東側と西側であることがわかります。

岩伏山とさくらおろち湖

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_17151416.jpg

上の写真の高い山が、岩伏山であり、素戔嗚命が大蛇を斬ったという伝承の山で、頂上付近に岩船という巨岩があるそうです。

もしかすると、ヤマタノオロチというのは、もともとこのさくらおろち湖の水の神─龍神を悪者に具象化したものかなと思いました。
               




地図で見ますと、さくらおろち湖は、龍のような形にも見えます。

しかし、ここが湖になったのは、尾原ダム(2012年完成)ができて斐伊川が堰き止められた結果(つまりダム湖)で、最近のことです。

頭の中でいろいろな仮説を立てますが、このように、たくさんの説が流れていきます。

さて、さくらおろち湖から少し斐伊川を下ったところに木次町湯村というところがあります。

文字通り、湯村温泉という温泉地です。


天が淵 

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_17462329.jpg

斐伊川の土手の所に天が淵(あまがふち)という石碑が立てられています。

ヤマタノオロチが住んでいたと言われている淵あるいは、「八塩折の酒」を飲まされたヤマタノオロチが苦しまぎれに逃げ込んだ所とも云われています。

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_17495381.jpg

とはなんぞや。河川の流水が緩やかで深みのある場所、ネットで調べてもよくわからない説明ですが、要は、流れがゆっくりで河底が深い、河の一部の場所をいうのでしょう。

斐伊川も川筋が変わっているはずで、現在の淵と、大昔の淵はおそらく別のところだと思われます。

川に住んでいたので、やっぱりヤマタノオロチは、河の神、水の神だったのかもしれません。


万歳山の神陵

ヤマタノオロチの住んでいた場所ばかり注目していましたが、その対面の万歳山に、アシナヅチの神とテナヅチの神の神陵の磐座があるそうです。

万歳山

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_18061467.jpg


Googleには二神岩(ふたごいわ)の表示があり、写真も載っています。

行ってみたいなと思いましたが今回はやめました。高い山ではないですが行かれた方のブログの記事が全く発見できません。登山の危険も伴います。

近くの温泉神社アシナヅチの神とテナヅチの神の神陵があります。

温泉神社は、『出雲国風土記』時代の仁多郡・漆仁社とされている神社です。今は雲南市だけれども、奈良時代は、奥出雲町とおなじ郡のようです。

温泉神社 島根県雲南市木次町湯村1060 

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_18174592.jpg


アシナヅチの神とテナヅチの神の神陵

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_18204170.jpg

神陵の説明版

木次町湯村のヤマタノオロチ伝説_e0354697_18264141.jpg

〝稲田姫の父神 足名椎、母神手名椎を祭ったニ神岩は万歳山の中腹にあるが、山崩れで参詣道がなくなり、天ヶ淵の上に玉垣を設けて拝神していた。国道改修にともないその神陵が温泉神社境内に、遷座されたものである。

説明版によると神陵そのものではなく、万歳山の中腹の神陵である二神岩(ふたごいわ)の遥拝する玉垣が遷されたもののようです。


# by yuugurekaka | 2024-07-14 18:37 | ヤマタノオロチ伝説 | Trackback | Comments(2)

奥出雲町と雲南市大東町の道路を通るたびに、八重垣神社跡の看板が気になっていました。

観光地としては、松江市の八重垣神社が有名ですので、「奥出雲町にも八重垣神社があるのか?」「松江市の八重垣神社と何か関係があるのか?」などと思っていました。

※ 松江市の八重垣神社とは、直接関係はありません。

江戸時代の末期の書物によると、松江の八重垣神社は、雲南市大東町の須我神社を勧請した神社と式内社・佐久佐神社が合体したものらしいです。(これも真実なのかどうか。勧請したものならそもそも、江戸時代に須我神社も八重垣神社と名のっているはず)

現在の八重垣神社

現在の八重垣神社に参拝しました。伊賀武神社の境内社になっています。

明治の神社再編でここに遷ってきました。

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_20294518.jpg

境内社 八重垣神社

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_18380896.jpg


ヤマタノオロチ伝説の八重垣神社跡地 周辺

八重垣神社跡地の手前にある元結掛けの松(モットイの松)

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_18383898.jpg

稲田姫命が、髪を結んでいた「元結」を掛けたという松があったと伝えられています

良縁を願って、ここに通るものが元結を掛けて祈願したらしい。その松は、台風や病害虫などにより枯れたり倒れたりして、何度も植え替えられたそうです。

江戸時代には、アシナナヅチの神、テナヅチの神の像がありました。

元の八重垣神社の石段

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_20291156.jpg

そんなに長い石段ではありませんでした。

元の八重垣神社の境内です。

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_18380026.jpg

アシナナヅチの神、テナヅチの神が棲んでいたという長者屋敷跡に行きました。

この神社跡から歩いて5分ぐらいの距離です。

長者屋敷跡

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_18381778.jpg

江戸時代中期の『雲陽誌』にも、記載された伝承地です。ここには、
アシナナヅチの神、テナヅチの神が立て置いた杖から根が出て、福竹
(ほていちく、立身竹ともいう)という小竹が生えています。

昔は、連理の大きな白椿があったと伝えられています。

長者屋敷跡から東側の山の麓に白い説明版が見えました。

鏡ヶ池です。松江市の方の八重垣神社にも、鏡の池がありますね。

稲田姫命が、鏡の代わりに身づくろいしたという池です。

仁多郡奥出雲町の八重垣神社_e0354697_18390549.jpg

ここの場所ですが、斐伊川の比較的上流に当たります。

須佐之男命のヤマタノオロチ伝説は、奥出雲町の鳥上山に降臨するところから始まるので、一番近い伝承地と言えるでしょう。

斐伊川をここからまた西に下って、雲南市の木次町西日登にも、「長者の福竹」や、アシナナヅチの神、テナヅチの神が住んだという「万歳野」という伝承地があります。

また西日登にも行ってみたいです。




# by yuugurekaka | 2024-07-01 18:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

朝の松江市の八重垣神社


夕べ テレビ東京のアニメ『怪獣8号』を観て、たいへん嫌な気分になりました。

地球を救う働きをした怪獣8号ですが、人間でもあるので反抗もせず、「退治」の対象に。

皆の利益のために働いたのに、忌み嫌われて追放や処分されてしまうということも現実には、当たり前にあることかもしれないです。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて、突然、八重垣神社に参拝したくなりました。


八重垣神社の夫婦椿

観光客には人気の八重垣神社ですので、観光客が少ない朝に行きました。

八重垣神社は、縁結びで御利益があるという神社です。

須佐之男命と稲田姫命の夫婦和合の伝承の神社です。

鳥居の前の連理椿です。ピンボケに写りました。焦点がズレたか、手ブレ化わかりあせんがAIで補正しました。

朝の松江市の八重垣神社_e0354697_19070077.jpg

どこが連理?

説明版に書いてありますが、どこが不思議なのか、いま一つピンとこない人もいるはず。

左横を見ないとわかりません。

人間の股のように見えるところが、「連理」の証。

Wikipediaの説明をお借りすると、

〝連理木(れんりぼく、れんりぎ)とは、2本の樹木の枝、あるいは1本の樹木の一旦分かれた枝が癒着結合したもの。自然界においては少なからず見られるが、一つの枝が他の枝と連なって理(木目)が通じた様が吉兆とされ、「縁結び」「夫婦和合」などの象徴として信仰の対象ともなっている。なお、違う品種同士でも連理となる場合もある。〟

2本の椿が、癒着結合したものを連理ということです。

違う2本の椿か、一つの樹木の2つの枝かわかりませんが、1本の木に結合しています。


朝の松江市の八重垣神社_e0354697_19242205.jpg

八重垣神社には、3対の連理椿があります。

こういう珍しいことが、神社のありがたみというか、パワースポット的な感性を刺激するのですね。

境内社山神社の隣の連理椿です。葉っぱがあって見えづらいですが、寄り添っているところで結合しています。

朝の松江市の八重垣神社_e0354697_19062691.jpg


奥の院(佐久佐女の森)の連理椿です。

写真では見づらいですが、表示板の高さぐらいの所で結合しています。

朝の松江市の八重垣神社_e0354697_19094932.jpg


鏡を実際奉納した『鏡の池』

朝の松江市の八重垣神社_e0354697_19072348.jpg

『縁結び占い』で、有名な鏡池です。占い用紙に10円または100円を載せ、早く沈めば(十五分以内)縁が早く、遅く沈む(三十分以上)と縁が遅く、近くで沈むと身近な人、遠くで沈むと遠方の人とご縁があるそうな。40年ぐらい前に1度やったことあります。

想像するに、池の中にはたくさんのお金が沈んでいることでしょう。

いつから占いが始まったかわかりません。昔には、古鏡が沈められていたそうです。(大場磐雄『祭祀遺跡』角川書店によれば)

現代では、稲田姫命が、池の水面を鏡の代わりにしたという話になっていますが、平安時代の頃から、鏡を池に奉納するためにしずめるという『池中納鏡』(ちちゅうのうきょう)の信仰があり、全国の鏡の池とよばれる池で実際古鏡が発見されているそうです。

池自体が御神体

鏡の池そのものが神社の御神体だったかもしれません。

池=水神ですので、龍神だと思います。

民俗学者吉野裕子氏は、鏡は「かか・め」から来ているのであって「かか」は蛇の古語、鏡は蛇の目の象徴であり、蛇の棲む池・湖に鏡を返すという呪術という推察をしています。(吉野裕子『蛇 日本の蛇信仰』講談社文庫) 

本来土地の神であった蛇(龍神)が、奈良時代には「退治」される存在に転化していったのかなあ。

八重垣神社本殿と、脚摩乳社。

随身神には2種類あって、随身門のお武家さんの神と、テナヅチの神・アシナナズチの神の随神があったのではないかなと思います。
詳しくは、⇒  アラハバキ神の謎

朝の松江市の八重垣神社_e0354697_19074270.jpg





# by yuugurekaka | 2024-06-23 20:25 | 日記 | Trackback | Comments(2)


松江藩主 松平家の菩提寺である月照寺に行きました。

梅雨時は、あじさいの花が咲き美しいお寺です。しかし、6月の初旬はまだ早かった。まだ3分咲でした。

2週間後(6月の中旬以降)に行けばよかったです。

月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13354705.jpg


月照寺の大亀

六代目松平宗衍(むねのぶ)公の墓所には、高さ約3mの大亀の寿蔵碑(じゅぞうひ)があります。

※ 寿蔵碑は、生前に建てる供養塔。


月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13352500.jpg


宗衍公が50歳になった際、息子である治郷(不昧公)が父の長寿を願って建立したものだそうです。

江戸時代に中国から伝わった建立様式で、台座の大亀を「亀趺(きふ)」と云います。

しかし、どこから見ても大亀ですが、実は、贔屓(ひき)と言い、龍が生んだ9匹の子供のひとつの神獣です。つまりは、亀の形をした龍なのですね。

さて、この石碑に使われた石は、月照寺から20キロ以上の遠くに位置する出雲市久多見町の山から伐り出し、舟に乗せ宍道湖と堀川経由して運んだそうだ。

その伐り出したと云われる母岩を久多見の山に見に行きました。

延命地蔵尊

月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13370297.jpg


その母岩に地蔵が線で刻まれているので、延命地蔵と言うらしい。(しかし、『久多美村誌』には、観音像とあります。)

片道15分から20分とあります。駐車場が車一台分あって助かりました。

さあ 出発です。道が整備されていました。


月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13372808.jpg



月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13374680.jpg


この崖の道を渡り終えると、延命地蔵の石でした。3mぐらいあります。

この岩が、月照寺の寿蔵碑のための石がきりだされた石です。


月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13381329.jpg


『久多美村誌』によれば、『出雲国風土記』に登場する玖潭神社(くたみじんじゃ)は、この山の頂上に(城山要害平)鎮座していたらしい。

しかし明応5年(1496年)に焼失、その時、御神体はこの巨岩上に鎮座したそうです。

現在地はさらに南東に約1キロ弱に遷座しています。

玖潭神社の鳥居

月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_13384573.jpg


藩の役人が、巨岩をきりだそうとするが、きりとれない。

謂れのある御神石とわかり、玖潭神社に奉斎し、1週間の参篭をおえて山に登ると、なんと一大音響とともに真っ二つに裂けたというのです。

その後、この巨岩をきりとることを禁じ、遺跡を永久に保存するために地蔵像を刻んだようです。

久多美神は龍神

実は、久多美神は、出雲大社の門神のうちの西側の一柱です。

久多美神がなんのかさっぱりわかりませんでした。『出雲国風土記』では、大国主命が「はやさめ くたみのやま」とおっしゃられたと書かれている地名起源に登場します。

『豊後国風土記』にも、球覃郷(くたみのさと)が登場しますが、オカミ神が登場します。谷間の水神と云われ、龍神です。(京都 貴船神社などの祭神 タカオカミ神

大国主神自体が龍神とも云われますが、2柱の龍神(海の水の神、陸の水神)の守られている格好になっているのではないかと思います。

詳しくは ⇩

月照寺の寿蔵碑をつくった7代藩主の松平治郷公の廟門をよく見ると、龍のみごとな彫り物がありました。

久多美神と関係があるのか、ないのか。


月照寺の大亀と久多美の龍神_e0354697_16483338.jpg





# by yuugurekaka | 2024-06-05 16:51 | Trackback | Comments(0)

羽島神社と種子板碑

権現山 


羽島神社と種子板碑_e0354697_18523304.jpg


国道9号線を自動車で走っていると、権現山と鳥居が見える。

いつかは行ってみたいと思っていたが、安来市にお花見に行った帰りに寄ってみた。

今は、陸続きで権現山というが、奈良時代には中海に浮かぶ島で、「羽島」(はしま)という名だった。

羽島神社拝殿 島根県安来市飯島町297

羽島神社と種子板碑_e0354697_18541287.jpg


祭神は、大名持命・少彦名命。

大名持命と少彦名命がこの島に来て、思いがけない時、飯を食い給う故に羽島と言うそうだ。

出雲の俗語に昼飯と夕飯の間に不時に飯を食らうことを「ハシマ」を喰らうというのもまたこの故事によるとのこと。


羽島神社と種子板碑_e0354697_18533697.jpg


参道の左脇に不思議な祠(ほこら)があった。こんな形の祠は見たことがない。

それもそのはず。これは、種子板碑という仏教に関係したものだからだ。

ここの板碑は、応永二年(1395)─室町時代に建てられたものらしい。 詳しくは  ⇒ 権現山参道 大日種子板碑

板碑には大別すると「追善供養塔」と「逆修作善塔」の2種類があるようだ。

「追善供養塔」が亡くなった方を供養するために建てられるもので、「逆修作善塔」は、建立者がまだ生きている内に自分やその家族の死後の安楽を願って造られたもので、こちらは、後者の方だそうだ。


羽島神社と種子板碑_e0354697_18542130.jpg


羽島神社と種子板碑_e0354697_18543192.jpg

何が書いてあるかさっぱりわからないが、これは漢字ではなく、梵字(古代インドの文字、サンスクリット語)で、様々な仏尊を表しており、これが種子(しゅじ)と言うそうである。

上の板碑には、胎蔵界大日如来、下の板碑には、大日金剛界大日如来と阿弥陀三尊、勢至、観音と刻まれているとのこと。

板碑について詳しくは⇒ 板碑の説明

昔は、神仏習合であり、権現山の中腹にはお寺があったと言われている。

神社巡りをしても、それは近代に再編されたものを見ているのであり、なかなか古代までにたどれない。







# by yuugurekaka | 2024-05-18 20:04 | Trackback | Comments(0)