■ 出雲国・出雲路幸神社 弁慶の腰かけ岩

出雲路幸神社鳥居の右手に「弁慶の腰かけ岩」がある。

説明板には〝久安年中(平安時代末期)紀州熊野庄司ノ娘 辨吉女 當社ニ賽シ縁結ビヲ祈リ後 良縁ヲ得テ 一子ヲ挙ゲ武蔵坊辨慶即チ是レナリ 慶長ジテ當社ニ賽(禮参リ)シタリト傳フ〟と書かれている。

紀州熊野庄司の娘である弁吉(べんきち)が、出雲路幸神社にお参りし、縁結びを祈った所、良縁に恵まれ、武蔵坊弁慶が生まれた。
弁慶が大きくなって、ここの神社にお参りしたと伝わっているという。

弁慶の腰かけ岩  出雲路幸神社境内 
島根県安来市西松井町88   

e0354697_18181570.jpg

■ 出雲国・出雲路幸神社 結の神

享保2年『雲陽誌』(1717年)の「島根郡 長海」の項の「杵田大明神」の話に、武蔵坊弁慶の生誕・成長伝説など書かれている。

弁慶の母の出自と出雲国に来た経緯とは。

〝母は紀伊國田那部の誕象が子なり、彼誕象子なきによって熊野権現にいのり我をもうけたり、大治三年戊申五月十五日に生辨吉と名つけぬ、我容世にすくれ、醜によりて年二十になるまで夫なし、父母是を悲て出雲國結の神に祈誓し参詣をなさしむ、久安三年丁卯六月朔に生國を出、其時父母のいへるは汝夫なくは此國へ歸へらすとあり〟

紀伊の国の現・田辺市で「誕象」(たんぞう)という父の具体名が出ている。紀伊の熊野権現(主祭神は、家津美御子ースサノオ・速玉ーイザナギ・牟須美ーまたは「結」とも表記ーイザナミ)にお祈りして、弁慶の母「弁吉」が生まれたという。縁結びをお願いするに、久安三年(1147年)6月1日に出雲国の結の神に出立したとある。

この「結の神」であるが、現代においては、出雲大社か、八重垣神社がすぐ思い浮かぶが、江戸時代であれば、イザナミを祭っている神魂神社、熊野大社でも良いようにも思われる。十八世紀中頃に成立した『出雲鍬』には、ここの出雲路幸神社が「結の神」とされているが、なぜ京都の出雲路幸神社ではなくて、遠い出雲の出雲路幸神社なのか。

熊野つながりで、母神イザナミの故郷をめざしたのか、あるいは、『義経記』(弁慶が紀伊・田辺で生まれたことになっている)での、右大臣・藤原師長との騒動で、京都には行けない事情があったのか。(ちなみに弁慶は、天児屋根命の末裔で熊野別当 弁昌の子どもと描かれている。)

『懐橘談』(上 1653年)では、弁慶の父は「意宇郡熊野山の人なり」とあるが、『雲陽誌』(1717年)では、さらに二十歳くらいの山伏と書かれている。

長見神社 島根県松江市長海町59 
出雲風土記(733年)に記載のある古社。祭神は現在、瓊々杵命、木花開那姫命である。 

e0354697_20522571.jpg


母である「弁吉」は、出雲「結の神」に七日七夜お参りしたところ、夢告があった。
枕木山の麓に長海村という所があり。そこに七年住めば夫を得させよう。」と、長海に住み三年が過ぎた。春に山へ行くと、着飾った山伏が現われたのである。

我は是出雲の神の結にて

         汝を妻と定りそする


私は出雲の神の縁結びにて あなたを妻にすることが決まりました


うつたかき身をかさりたる山伏の

         わらはを妻とあるはそらこと


返歌 うずたかい体を飾った山伏が私を妻にするとは絵空事でしょう

弁吉は、縁結びの神の教えの通りだと喜んだ。そして、弁慶が生まれた。
詳しくは→ ウィキぺディア 武蔵坊弁慶生誕伝説

長見神社の近くには、様々な伝承地がある。
幼い頃、弁慶があまりに悪さをするので、島に捨てられたという伝説の弁慶島だ。
角度によっては、亀にも見えるので、亀島とも呼ばれている。

弁慶島(亀島)   
島根県松江市野原町

e0354697_20530607.jpg

長見神社の右手の道をしばらく行くと、右手に大きな石がある。弁慶が幼い頃に立てたと言われる高さ180cmある「弁慶の立ち岩」。
怪力伝説のようだ。

弁慶の立岩

e0354697_20531698.jpg


「弁慶の立ち岩」から、少し行くと、「弁慶の森」の入り口に着く。
踏み石が山の中に整備されている。

弁慶の森 入り口
説明板には、〝弁慶の森 武蔵坊弁慶が生れた森。 弁慶の母弁吉は紀州和歌山県田辺市の生まれだが、縁あって長海の里に来て弁慶を生んだという。 この森の入り口から5分程登ったところに母弁吉が手で掘ったといわれる弁慶産湯の井戸跡がある。また中央には、弁慶が母の御霊をまつる為に建立した小さな祠「弁吉女霊社」があり、弁吉女霊社祭が毎年7月1日この地で行われる。

e0354697_20532840.jpg


苔むした石段を登って行くと、弁吉女霊社の祠があった。
薙刀のちいさなものが奉納されていた。今も安産を祈願をしてお礼参りする人があるという。

弁吉女霊社

e0354697_20534244.jpg

弁慶は、華蔵寺、福原の澄水寺、出雲の鰐淵寺に立ち寄り修行をして、後に京都に行き、「五条の橋の上」で牛若丸に出会い家来になるのであった。ちなみに『義経記』では、牛若丸と弁慶が出会ったのは五條天神社であり、決闘の場所も五条大橋ではなく、清水寺だったそうだ。


by yuugurekaka | 2017-10-30 12:47 | 塞の神

中世の文献から京都の出雲路幸神社や当時のサイノカミの社を外観すると①旅の神②鬼門封じの神、御霊を鎮める神③縁結びの神、性の神④身分の上下を問わず霊験ありと、いう性格を帯びており、武家社会の進展により、合祀の対象となり衰微の傾向があったように思えた。
その3点を頭に置いて、出雲国の出雲路幸神社を考えてみる。

グーグル 出雲国・出雲路幸神社の位置 

e0354697_18171934.jpg

■ 能義神社のすぐ近くの川岸 

まずは、この位置であるが、現在は飯梨川をはさんで、能義神社(のきじんじゃ)の西側にあり、すぐ近くである。なぜにこんなに近いのだろうかと感じた。飯梨川をはさんで…というのに意味を考えてみるが、この飯梨川(富田川)の位置は、寛文6年(1666年)の洪水以前は、今の場所ではなく、もっと西の車山の麓を流れていたようだ。

御由緒によれば、「もと道祖神、松井宮とも称し、今の境内地を五町ばかり距る狭井原に鎮座ありしを、天神社の境内たりし狭井山(現在地)に移し奉れりと伝う。旧社地は出雲風土記にいう国庁より野城駅を経て伯耆に至る国道線路に面し、東西松井の分岐点に位置した。」(島根県神社庁発行『神国島根』より)そうである。

遷してきたのは、寛文6年(1666年)の洪水が関係したのかどうかわからないが、寛永2年(1625年)の棟札がある。洪水の前には建てられていたことになる。

出雲路幸神社の近くから見た 飯梨川

e0354697_18340935.jpg

『雲陽誌』(享保2年―1717年)には、「能義郡 松井」の所に
「出雲路幸神 猿田彦命天鈿女命を祀、祭日十月十五日なり、當國【風土記】意宇群に狭井社あり、今能義郡なれは是なるへし、世俗道祖神といふ、王城賀茂川の西一條の北出雲路の道祖神と同社なり、…」と、書かれている。江戸時代八代将軍徳川吉宗の頃には、「出雲路幸神」と呼ばれていた。また、京都の神社と同名であることも認識されている。
「旅行の人門出に是神祭て先て啓行神といふ心にてさいのかみといふなり。」とも書かれている。猿田彦命が、ニニギノミコトを先導したとの話から、旅人が門出に、「みちひらき」の神として祭ったこともかかれている。

出雲路幸神社 島根県安来市西松井町88

e0354697_18174458.jpg

出雲風土記(733年)には、ここの周辺に「野城の駅家」が設置されたことが書かれている。(駅家は、単に駅とも云う。)

「野城駅。郡家の正東二十里八十歩の所にある。野城大神が鎮座していらっしゃるのによって、だから、野城という。」

駅家(うまや)とは、
〝令制において,国司の管轄に属し,駅馬をおいて,駅使の往来,駅鈴をもつ官人の乗用に供し,その宿所と食糧を提供する施設。大化改新によって初めて設置され,大宝令にいたって整備された。〟(ブリタニカ国際大百科事典 より) 他 ウィキペディア 駅家
現在の能義神社の周辺から西の車山方面に古代山陰道があったと云われている。中央と地方との情報連絡が主目的の道路であったようで、役人の出雲→奈良・京都の往来に使われてきたわけである。
時代は代わって、参勤交代などに使われた江戸時代の伯耆街道は、また別のところに整備されたのだが、ここの古代山陰道も、旅人の道となっていたのだろう。参考→ ウィキペディア 日本の古代道路


by yuugurekaka | 2017-10-22 21:18 | 塞の神

■ 今川貞世 『道行きぶり』

3代将軍足利義満時代、九州探題に任命された今川貞世(了俊)(※→ウィキペディア 今川貞世が九州に赴くまでを書いた紀行文『道行きぶり』(応安4年 1371年頃)には京都・出雲路幸神社にある同じような形のものが奉納された石塚の話が書かれている。

〝 四 石の塚とみとの出会い

  清水・金崎などうち過ぎるに、それより南にあたりたる所を問ひしかば、飾磨が里といふ。徒歩路は少し隔てたれども、川波の海に出でたるけしき、遥かに見渡され、なにとなくおもしろし。
 又いささか行き過ぎて、川のほとり近く、石の塚一侍り。是は神のいます所なりけり。出雲路の社の御前に見ゆる物の型ども、一、二侍りしを、「なにぞ」と尋ねしかば、「此(の)道を初めて通る旅人は、高(き)も卑しきも、必ずこれを取り持(ち)て、石の塚をめぐりて後、男女の振舞のまねをして通る事」と申ししか、いとかたはらいたきわざにてなむ侍りしかな。
 まことや、此(の)神の本社は、ほど近き所の海の中に立(ち)給ひたるが、「かやうにまなび侍るたびごとに、御社のゆるぎ侍(る)」となん申(す)めり。あらたなることなるべし。
  伝え聞く神代ののみと目合ひをうつす誓ひのほどもかしこし
ここをば、磯崎とも磯の渡ともいふにこそ。
  旅なればとけても寝ぬを春の夜の磯の渡わたりの遠くもあるかな。
それよりこなたに、恋の丸といふ里一村侍(る)。いかなる人の物思ふとて、名乗りにし侍りつらむとおぼえて、いとおかしく侍りき。
  夢とても妹やは見ゆる旅衣紐だにとかぬ恋のまろねにかかる所の名を聞き侍るに、まづ思ひ出る方の侍るかな。〟
                            
姫路のどこの川のほとりかわからないが、石の塚がある。京都の出雲路幸神社の前に見える物の形、これは現在の御石さんというよりも、何か奉納された、石か木かわからないが男棒のように思える。それを持って、しぐさをしないといけないからである。
昔は、幸神社にそういうものが神具として奉納されていたのだろうか。
「この道を初めて通る旅人は、身分の高さに関係なく、必ずこれを持って、性交の真似事をして通ること」となっており、今川貞世が気恥ずかしい思いをした。
「初めて通るもの」がしないといけないとは、この儀式が「祓い」の儀式だったのだろう。もしや、神主さんがするお祓いの原初的形態が、そういうものだったのかもしれない。

また、この社は「旅人」を対象にしているということがわかる。一般に近世のサイノカミは、道の神というよりは、村落共同体の神で、縁結びであったり、子どもの神であったり、災いが村に侵入しない御利益の神である。そういう旅の安全を祈願するというご利益を兼ね備えていたのだろう。

実にこの神の本社は、海の中に立ち、性交の真似事をするたびに、連動して、揺れ動いたと、云う。海の社といえば、宮島の厳島神社が思いつくが、そういう形態の神社も昔は多かったのかもしれない。



■ 『播州名所巡覧図絵』

享和三年(1803) 村上石田著『播州名所巡覧図絵』巻四には、今川貞世(了俊)の文章を引用して、その石塚に関連すると思われる「道辻塚跡」や「道辻の祠」の記事が見える。



兵庫県南西部を流れる市川                           画像出典 ウィキぺディア

Ichikawa river 04.jpg
               By Corpse Reviver - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link


「市川」の所の後に

〝 道辻塚跡、今は姫府惣社に土祖神として移されたれども、もとは此市の(国衙ノ庄)西に立たり、今川了俊九州にに往紀行、・・・〟(村上石田著『播州名所巡覧図絵』)

と、ある。
「道辻塚跡、今は姫府惣社に土祖神として移された」とあるが、姫路の総社・射楯兵主神社の「十二社」の中に、「道祖社  祭神 岐神」があるが、この社のことなのだろうか(→ ウィキペディア 射楯兵主神社 
場所として、射楯兵主神社の西の方の市川のほとりにあったのだろうか。


播磨国総社・射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)  兵庫県姫路市総社本町190  
祭神は射楯大神(五十猛尊)と兵主大神(伊和大神、大国主命)である。 画像出典 ウィキぺディア


Itate-Hyozu-jinja, shinmon.jpg
                         By Saigen Jiro - 投稿者自身による作品, CC0, Link


また、「飾磨川(しかまがわ)」の所の後に

〝道辻の祠、飾磨市中に小祠の残れり、今、幸の神といふ。此祠の事は、姫路志深 道辻祠として源貞世の文にいへるごとく、昔は社も大きくて、年の末には男女陰形の供物を備えて、里民の男女、女なし男なしの者は、此拝殿に打ち交り入(り)て戸を閉じて縁を引(き)たる也、又宮守は竹の杖を以(っ)て祓ひし、其(の)杖を以(っ)て妻妾を撰ばず腰を打(ち)て安産の呪とす、尚さるがう手づま曲鞠などでにて賑へり、今はすべて絶たり〟(村上石田著『播州名所巡覧図絵』)

とある。この「姫路志深」でインターネット検索すると、現在の姫路市御国野町深志野辺りが出てくるが、飾磨川の後に出てくるところをみると、現在の船場川河口付近のところにあったのではないかと自分には思える。ここの社は「男女陰形の供物」を備えるとあるが、男棒のものばかりではなく、女性のものもお供えしたもののようだ。主に「縁結び」、実際上の縁結びの場として、古は神社が機能していたらしい。
「志深道辻社」を検索すると、『赤松則房雑談聞書』が出てきた。

〝志深道辻社 赤松貞範貞和元年二月十日しかまよりうつす。男女のゑんむすびの祭也。男女の陰陽形を作り、神前にそなふ。〟(『赤松則房雑談聞書』)
これが本当であれば、貞和元年(1345年)には既に遷されていたことになる。これが、射楯兵主神社の道祖社かどうか、わからないが、室町時代には賑わっていたサイノカミの神社は、南北朝の時代にはすでに衰退期となって合祀の対象となっていたことが想像される。

by yuugurekaka | 2017-10-14 06:57 | 塞の神

鎌倉時代の軍記物語である『源平盛衰記』に、京都の出雲路道祖神社にゆかりのある「笠島の道祖神」の
が出ている。
光源氏のモデルの一人ともされる藤原 実方(ふじわら の さねかた)が、長徳元年(995年)正月に突然陸
奥守に左遷される。(左遷ではないとの説もある。)
その藤原実方だが、長徳4年12月笠島の道祖神の神罰により亡くなったとの逸話がこれである。

〝笠島道祖神事

終に、奥州名取郡、笠島の道祖神に蹴殺にけり。実方馬に乗りながら、彼道祖神の前を通らんとしけるに、人の諌て云ひけるは、此神は効験無雙の霊神、賞罰分明也、下馬して再拝して過ぎ給へと云ふ。実方問う云ふ。
何なる神ぞと。答へけるは、これは都の賀茂の河原の西、一条の北の辺におはする出雲路の道祖神の女なりけるを、いつきかしづきて、よき夫に合せんとしけるを、商人に嫁ぎて、親に勘当せられて、此国へ追下され給へりけるを、国人是を崇め敬ひて、神事再拝す。上下男女所願ある時は、隠相を造て神に懸荘り奉りて、是を祈申に叶はずと云事なし、我が御身も都の人なれば、さこそ上り度ましますらめ、神再拝し祈申て、故郷に還上給へかしと云ければ、
実方、さては此神下品の女神にや、我下馬に及ばずとて、馬を打つて通りけるに、明神怒を成して、馬をも主をも罰し殺し給ひけり。

佐倍乃(さえのじんじゃ)神社 鳥居  宮城県名取市愛島笠島字西台1-4    画像出典 ウィキペディア 

Torii gate of Saeno-jinja shrine.JPG
               佐倍乃神社鳥居 By Bachstelze - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link 



現在の宮城県名取市の笠島の道祖神の前、現在の佐倍乃神社(さえのじんじゃ)の前を―佐具叡神社(さぐえじんじゃ)元宮との説もある―、藤原実方が馬に乗って通ろうとするとき、地元の民が「この神様は、御利益あること無比の神様で、賞罰をはっきりされる神様なので、馬から降りて、通りなさい。」と忠告した。
藤原実方は、「ここの神はいかなる神か。」と問うた。民は「京都の賀茂の河原の西、一条の北の辺に坐す出雲路道祖神の娘なのですが、大事に育てられ、良い夫に逢うようにしたが、商人に嫁いだため、勘当され、この国に追いやられた。この土地の人々が神として̝あがめ祭ったのです。身分の上下や男女問わず、お願いがあるときは、男根型のものを造って、奉納すれば願い事はかなうでしょう。京の都の人ならば、この神を敬って参拝してまた京に戻りください。」と言ったが、藤原実方は、「この神は下品の神だ。そんな神の前で下馬する必要などない。」と、下馬せず馬を動かし通ろうとしたところ、ここの神は怒り、馬と一緒に罰して殺してしまったという。

なお、「実方中将の墓」と伝えられる史跡が、佐具叡神社の元宮の近くにある。

佐具叡神社あるいは佐倍乃神社から、名前から想像すると、元々「サエ(サイ)の神」を祀っていたと思われる。
そして、サエノカミは、女神だったのだろうと思う。
男根型のものを造って、奉納する」ということで、松江市にある八重垣神社の境内社 山神社が思い浮かんだ。あそこにも、男根型のものがたくさん奉納されていた。今は、そういうものが奉納されている神社は、「子宝の神様」を主にご利益があるとされているが、自分は、性器そのものが呪術性をもった存在ではなかったのかと思う。

その祭神が、約30年前神職の方にお聞きしたら、イワナガ姫ということだった。
(山神が、オオヤマツミということになっているので、いつしかイワナガ姫となったのであろうが、よく考えると同じ娘のコノハナノサクヤ姫でも良いし、実際山神社と称する神社で、コノハナノサクヤ姫を祭神にしているところもある。)
島根県の三瓶山が、古名を佐毘売山(さひめやま)と云い、サイノカミの女体山との話もあるので、山神というのも、元々はサイノカミであったのかもしれない。

出雲路幸神社境内 北東隅の石神さん (おせきさん)  京都府京都市上京区幸神町303 
陽石(男根型)であり、元々の御神体とも言われる。

e0354697_14242254.jpg

この「京都の出雲路道祖神の娘」という話は、おそらく後からだれかが作った話で、陳腐な感じがする。この「商人に嫁に行く」ということだが、嫁取婚とは、武家社会になってからの婚姻制度であって、そもそも夫が通ってくるもの(妻問い婚)だろう。
また、延喜式式内社(延長5年 927年)に佐具叡神社も見られるから、京都から分霊を勧請するという話ではなく、もともと女神のサイノカミをまつっていたのではなかろうか。

それと、「下品の女神」ということだが、この陰陽石信仰の伝統があるにもかかわらず、すでに鎌倉時代において「性器崇拝は下品なもの」との認識があったということに驚いた。しかし、これは、上流の階層の話ではないかとも思う。
近世の村社会(農民)にサイノカミ信仰が拡大したこと(地域によって分布の状況が違うが)を考えると、階層によって認識のずれがあったのかもしれない。階層による婚姻形態の違いが、影響しているのかもしれない。ただ、想像するばかりである。

by yuugurekaka | 2017-10-07 17:26 | 塞の神