鳥取県の東部にある東郷池である。(→ウィキペディア 東郷池)あいにくの雨で美しい池が、青色一色になってしまった。
この池は、池の中心から温泉が湧くという全国的にも珍しい池で、西側に「はわい温泉」、南側に「東郷温泉」という有名な
温泉がある。(詳しくは→はわい温泉 東郷温泉旅館組合

この池は、太古日本海とつながっていた入り江であって天神川から流れてくる花崗岩の砂が堆積して入り江をふさいでしまっ
ったできた潟湖であるらしい。
池の東北のあたりで、宮戸弁天という磐座が、見えた。下照姫が魚釣りを楽しんだという伝承地のようだ。

e0354697_15011106.jpg

この池の東北側に、伯耆国一之宮 倭文(しとり)神社がある。詳しくは→ウィキペディア 倭文神社(湯梨浜町)
倭文氏の祖神 建葉槌命(たけはづちのみこと)を祀っている。 
建葉槌命は、天羽槌雄神(あめのはづちのおのかみ)とも云い、機織りの祖神とされており、倭文(しどり)氏の祖神で
ある。

倭文(しとり)神社 鳥居

e0354697_15021544.jpg

建葉槌命は、日本書紀では、葦原中津国平定に従わない星神・香香背男(かかせお)を服させる神として登場してくる神
だ。

その神とともに、大国主命の息女、下照姫が祀られている。
出雲より着船し(羽合町宇野と柏村宇谷の中間の仮屋崎に着き化粧直しに使った水が伝えられているようだ。)倭文神社
の社地に住居を定め、亡くなるまで安産の指導や農業開発、医薬の普及にも尽くされたという。

倭文神社 拝殿

e0354697_15022597.jpg



倭文神社 本殿
     昭和53年に本殿裏にあった神木であったタブノキは、腐朽のため倒壊した。昔は、直径2.2メートル、枝張りは南北10
     メートル、東西8.8メートル、樹齢は六〇〇年と推定された古木だった。
     タブノキ特有の乳房状の突起物があったことから、「乳神さん」と呼ばれ親しまれていた。その倒壊した木から新しい木
     が生えていた。


e0354697_15025321.jpg

当地で織物が作られなくなったことにより建葉槌命の存在が忘れられ、下照姫命だけが主祭神であるかのように思われた
ようである。その昔、常に難産で苦しむ婦人が願をかけていると、下照姫が夢に現れ、参詣の帰途、ここの安産岩で簡単
に出産し、それ以来「安産岩」と呼ばれるようになったという言い伝えがある。
こういう伝承から、安産祈願の霊験ある神社としてにぎわっているようだ。

安産岩



e0354697_15011988.jpg

しかし、下照姫の生んだ御子の話は、記紀にはない。
アメノワカヒコとの間で子供はなんというのだろう。もしや、実際は倭文氏が、その末裔ではなかったろうか?

社殿の南南東180メートルいったところに下照姫の墓ではないかと長い間云われていたところがあった。しかし、大正4
年(1915年)の発掘により、経塚(きょうづか)遺跡であるということが判明した。→ウィキペディア 経塚
平安時代初期の銅経筒を始め仏像、銅鏡、るり玉などが発掘されており、全て国宝に指定されている。

e0354697_15013522.jpg


神社に仏像というと、現代は違和感を感じるが、神仏分離の時代の方が歴史としては短いのだ。


e0354697_15014898.jpg


しかるに、なぜここが下照姫の終焉の地なのだろう。
斎木雲州著『出雲と大和のあけぼの』(大元出版)によれば、下照姫は大国主命と多紀理毘売命の娘ではなくて、因幡の
白兎の八上姫との娘である。妻問婚の時代(→ウィキペディア 妻問婚)一般的にこどもは母方の一族で育てられるゆえ
母方の一族が住む因幡の国のすぐ隣のここが、富家伝承の方が理にはかなっておるように思う。
しかし、「木俣神」として、斐川町の御井神社に取り残され、大国主命の一族に育てられたのかもわからないが・・・。

ちなみに富家伝承では、阿陀加夜奴志多岐喜比賣命は下照姫ではなく、多岐津姫であり、出雲風土記における阿陀加夜奴
志多吉比賣命は所造天下大神(大国主命)の「御子」とは間違いで「御妃」であるようだ。


by yuugurekaka | 2016-02-20 23:18 | 下照姫

現在は、島根県大田市温泉津町(ゆのつちょう)です。
平安時代中期編纂の「和名類聚抄」(931年 - 938年)によれば邇摩郡の項に「温泉郷(ゆのごう)」という郷名が見え、か
なり前から温泉があったことが類推されます。→ ウィキペディア 温泉津温泉

大田市の発行する観光パンフレットによれば
その温泉の起源は、旅の僧が湯につかって傷を治しているタヌキを見つけたとか、あるいは、大国主命が病気のウサギをお
湯に入れて救ったことから、始まったという伝承があるようで、実に約1300年の歴史を持つ温泉であるそうです。

この温泉街の街並みが、非常にレトロで風情があります。明治から昭和初期に建てられた木造二階建て、三階建ての旅館が
ならんでいて、なんだかタイムスリップした感じがしました。2004年7月に「重要伝統的建造物群保存地区」に指定さ
れてました。今も温泉街として、古風なたたずまいを伝えています。
詳しくは → 石見銀山 世界遺産の温泉 薬師湯 温泉津温泉

龍御前神社 旧本殿から望む温泉津町の街並み

e0354697_14315698.jpg

温泉津町は、温泉街であると同時に、戦国時代~江戸時代 石見銀山の積み出しで栄えた港町でもあります。
温泉津の町を歩いていましたら、夕暮れになってしまいました。

温泉津港

e0354697_14314001.jpg

この温泉津町の温泉街の中に龍御前神社があります。
神社の拝殿には、船主や船頭から航海の安全を祈願した船絵馬が奉納されているそうです。
祭神は、大己貴命、少彦名命、豊玉姫命、健磐龍命。阿蘇津彦命、阿蘇津姫命、彦火火出見命、素盞嗚命の八神。

航海の安全ということで、海神・大綿津見神の娘である豊玉姫命を祀っているのだろうと思います。
豊玉姫命といえば、『日本書紀』では龍ですが、『古事記』では、ワニです。
龍御前ということで、豊玉姫命が祭神の一つと思われます。

この健磐龍命(たけいわたつのみこと)ですが、山陰地方では耳慣れない神様ですが、阿蘇山の神様で、神武天皇の孫
ということです。なぜに阿蘇山の神様がここに
たぶん、旧本殿におおいかぶさるような大きな岩から、その由来が来ているのではないでしょうか。


龍御前神社 鳥居と拝殿 
e0354697_14324342.jpg

本殿の右横に石段があります。
いつものことですが、神社の本殿の裏山によく上ります。よく古墳があったり、荒神があったりするのですが、この神社
は、後ろの山に旧本殿があるのです。


e0354697_14322693.jpg


あれれ、石段が途絶えたと思ったら、まだ 坂道が続いています。
この道でいいのかと不安になってきました。

e0354697_14330369.jpg

道の方向が逆になったと思ったら、急な坂道です。
でも、その先に神社が見えてきました。


e0354697_14325352.jpg

うわー。大きな蛇だー!
口をあけて今にも飛びかかろうとする顔です。他の方のインターネットのサイトでは、龍と書かれていますが、私には蛇に
しか見えません。長い間の風雪で砕けて、龍から蛇になったのでしょうか。
迫力満点です。


e0354697_14320664.jpg

正面から見ますと、蛇には見えません。東側から見た姿が、もっとも良い感じがします。
神社の境内にあった説明版によれば、神社そのものは、天文元年(1532)に創建とありますが、古代はるか昔からこの大き
な岩を守り神として祀られてきたのではないでしょうか。


e0354697_14323373.jpg


by yuugurekaka | 2016-02-13 17:02

■ オオナムチと火明命は、親子!?

播磨風土記や丹後風土記に、オオナムチと火明命の伝承が載っていました。
スサノオ一族は、どうやら、東に移動し、出雲王族の許可を得て、丹波の国を治めるようになったらしい。
播磨風土記を見る限り、火明命はかなり乱暴者の様子で、高天原でのスサノオの狼藉ぶりとイメージがだぶります。

播磨風土記
“ 飾磨(しかま)の郡(こおり)
 伊和の里。
 ―前略―
 昔、大汝命(おおなむちのみこと)の子である火明命は心もおこないも頑なで恐ろしかった。こういうわけで、父
 神が悩んで、逃げ捨てようと思われた。。因達(いだて)の神山に到ってその子に水を汲みに行かせ、戻ってくる
 前に船で出発して逃げ去られた。さて火明命が水 を汲んで戻ってきて、船が出発されて去る様子を発見された。
 するとにわかに火明命は大いにお怒りになった。そこで風波を起こし、その船を追い攻められた。ここに、父神の
 船は進み行くことができなくて、ついに破られた。

 そんなわけで、そこは波丘、琴が落ちた所は琴神の丘と名づけ、箱が落ちた所は箱丘と名づけ、𣗄匣(くしげ)が
 落ちた所は匣丘(くしげおか)と名づけ、箕(み)が落ちた所は箕形丘(みかたおか)と名づけ、甕(みか)が落
 ちた所を甕丘といい、稲が落ちた所は稲牟礼丘と名づけ、冑(かぶと)が落ちた所は冑丘と名 づけ、沈石(いか
 り)が落ちた所は沈石丘(いかりおか)と名づけ、綱が落ちた所は藤丘と 名づけ、鹿が落ちた所は鹿丘と名づけ、
 犬が落ちた所は犬丘と名づけ、蚕子(ひめこ)が落ちた所は日女道(ひめじ)丘と名づけた。

 その時、大汝の神が妻の弩都比売(のつひめ)に「悪い子から逃れようとしてかえって波風に遇い、ひどく辛く苦
 しい目に遭ったなあ」と言われた。だから名づけて瞋塩(いかしお)といい、告(のり)の斉(わたり)といった。”                                    (橋本 雅之 現代語訳)
                     『風土記 上』 中村啓信 監修・訳注  (角川ソフィア文庫)
    
         
大穴持と火明命が親子!?と大きく疑問が出てきますが
下記の富家伝承の系図で見れば、火明命は、七代目大穴持である天之冬衣神の娘婿であるので義理の親子となるわけ
ですので、全くの間違った話ではないようです。

e0354697_12501945.png
丹後風土記(残欠)
“ 志楽(しらく)の郷(もとの字は領知)
 志楽と名づけた訳は、むかし少名彦命と大穴持命が、支配する天下を巡覧するとき、この国をすべて巡り終えた。
 さらに越の国にでかけるときに、天火明命を呼ばれて「あなたは、この丹波の国を治めなさい」と宣言された。
 火明命は大いに喜んで、「末永く青雲の領知(支配)する国」と云った。それで、志楽という。”

“ 二石崎(ふたしさき)
 二石崎につき、古老が伝えていう。むかし、天下を治められる時に、大已貴(おおなむち)命と少名彦がこの地
 に来まして、御二方が相談されました。白と黒の真砂をすくい持ち、天火明命を呼び寄せて詔(みことの)りま
 した。すなわち「これらの石は、私の分霊である。あなたは良く、この土地で祭りなさい」と。
  そうすれば、世界の波が荒れても、丹波国が荒らされることは決してない。天火明命は詔のとおりに、その霊
 石を尊びました。それは左右に黒白に分かれていて、神の気配があった。それは今でも、変わりがない。それで、
 その地を二石崎という。(二石は、不多志と読む)”
                     『出雲と大和のあけぼの』斎木雲州著 巻末付録 (大元出版)     
                       

by yuugurekaka | 2016-02-04 14:24 | スサノオ一族 上陸地