田和山史跡公園の外観です。
左の階段を上っていくと 田和山遺跡の頂上に行けます。

e0354697_14403577.jpg

田和山遺跡の特徴は、3重の環濠の中には集落が無いということです。
3重の環濠の外に 竪穴住居や掘立柱建物があることです。

竪穴住居(復元)

e0354697_14550501.jpg

掘立柱建造物(復元)

e0354697_14383613.jpg


弥生時代は、稲作の普及と「倭国大乱」に見られるような戦乱の時代です。
環濠は、敵や獣から集落を防衛するという用途で造られたと言われています。
その他にも、灌漑、貯蔵庫、あるいは、階級差の区分として用途を持っていた
との説もあります。 
詳しくは→ウィキペディア 環濠集落

3重の環濠 右側の建物は松江市立病院です。

e0354697_14554807.jpg


田和山遺跡の頂上は、東西10m、南北30mの平たん地で
5本柱遺構(弥生時代前期末~中期初頭)と
9本柱遺構と柱穴列(弥生時代中期後半)があります。
また山頂は柵で囲まれていました。

e0354697_14385132.jpg


9本柱遺構

e0354697_14391418.jpg


この山頂部がなんなのか、主に二説あります。

①お城のような場所と考えられる説
たくさんの武器と考えられる遺物(石鏃200個以上、つぶて石3000個以上) が
 ※石鏃(せきぞく)・・・石でつくったやじり
周囲の環濠から出土しているのは、戦があった証拠。

②お祀りをした場所と考える説
祭祀に関係した遺物(銅剣形石剣・分銅形土製品・土玉など)が
周囲の環濠から出土している。山頂の柱穴には神様の依代が立てられており、
たくさん出土した石鏃は本当の戦ではなく、儀礼的な模擬戦に使われた。
(出典 松江市教育委員会 発行 2005年版 田和山史跡公園パンフ)

9本柱で、私が真っ先に思い浮かぶのが、出雲大社などの大社造りの神社です。

e0354697_14344029.jpg

自分が思うに、9本柱は、高床式住居であり、神社でなかったのかな。 
その神社には、当時の首長が生活していたのでは?と思います。
首長は、卑弥呼のようなシャーマンがなり 
祭祀施設に住んでいたと想像します。

神社の起源として、磐座とか祠とか一般的には言われていますが
もともとは、石とかではなくて
アメノウズメノミコトのような女性が、神の依代であって
その女神が住む宮殿が、神社の起こりではないかなと 勝手に思っています。

その仮説から考えると、環濠は神と人との「境界」で
今でいう、神社の石段みたいなもののように思えます。
神社の敷地を「境内」と言ったり、
境界そのものが、
首長を守るものであると同時に
宗教的な意味合いとして 
重要だったのではないかと、思ったりもします。

つぶて石のある環濠

e0354697_14395508.jpg



by yuugurekaka | 2015-07-22 18:00 | 野白神社と田和山遺跡

田和山の南の頂から見える史跡公園 

e0354697_14413860.jpg

写真は、田和山史跡公園ですが
野白神社跡地はこちらの山ではなく
写真を撮っている場所 「田和山の森」の中にあります。→島根県:松江市田和山の森自然観察モデルコース

しかし、どこか良く分かりません。
田和山の森の最も高い所かしら?
最も高い所に写真を写した展望台と
田和山1号墳がありました。

田和山1号墳


e0354697_14365318.jpg

この古墳は、全長20mの前方後円墳で
横穴式石室があり、
古墳時代後期(6世紀後半)の
当時の豪族の長の墓と考えられています。

野白神社は、ここの辺りなのでしょうか?
古墳の上に 神社がある場合もあります。
しかし、神社のことはここの説明板には書かれていません。
たぶん、別のところでしょう。

それで、森の中を歩き回りましたが、どこにも野白神社跡地の
表示はありませんでした。
結局わからなかったので、ガイドの方にお聞きしました。

ああ。そうですか、この古墳の所ではなく
上から二つ目の円墳の手前の辺りですか。


e0354697_15025494.jpg






散歩道の東側に 石段の名残りのようなところがありますね。

e0354697_14410921.jpg

しかし、野白神社の石段なのか、尼子の砦のものか
厳密にはわからないそうです。
この石段の名残りを下って 竹やぶの中の参道だったところを歩いてみました。


e0354697_15074226.jpg


参道を下っていくと この岩。なんでしょうか?
磐座というよりは、人の手で加工して積み上げたもののように見えます。

e0354697_15015985.jpg

今は、参道の出口まではいけませんでした。


e0354697_15024078.jpg


田和山の南側には、鳥居があったのだろうとの話でした。
道路沿いから見た写真ですが、入ることができません。

しかし、この石はなんでしょう。
私には、手水舎の水を溜める石のようにも見えました。
戦国時代にも手水舎はあったのでしょうか。



by yuugurekaka | 2015-07-08 23:13 | 野白神社と田和山遺跡