大和三山と 阿菩大神

■阿菩大神と播磨風土記 


西出雲の王墓群で有名な西谷墳墓群を斐伊川をはさんで、向こう岸の少し南に行った所に、播磨風土

記に出てくる阿菩(あぼ)大神を祀った伊佐賀神社があります。江戸時代は「伊保神社」と云われて

います。下の地図で伊保とある地名の所の神社です。

あれれ、対岸の船津町の下に、漢字は違いますが、九州の豊国の始祖、菟名手と同じ名前の地名が見

ますね。


国土地理院地図より

e0354697_01440871.jpg

現在の神社名は、伊佐賀神社ですが、『出雲国風土記』(733年)では、「加佐伽社」の比定されてい

ます。しかし、延喜式神名帳(927年)では、伊佐賀神社としての名前があります。

神社名自体がなぜ変わったのか、よくわかりませんが、出雲国造家第3世に「伊佐我」の名前もあり

す。


伊佐賀神社 島根県出雲市斐川町出西544
※ 最近写した画像ではありません

e0354697_11433909.jpg

伊佐賀神社の石段
かなり急な石段で、降りる時てすりをもっても不安でした。

e0354697_11475558.jpg


ここの神社の説明板によると、「揖保ふりきりの神」から「いぼふり神」となり、「伊菩→伊保大神」

となったと書かれていました。


私は、耳にしたことはありませんが、谷川健一著『列島縦断地名逍遥』(冨山インターナショナル発

行)によれば、出雲方言で、不服を言う事、不満に思い立腹して立ち去ることを“いぼをふる”と

うらしい。


さて、播磨風土記では、どのように書かれているのでしょうか。

〝播磨風土記 揖保の郡 上岡の里

出雲の国の阿菩大神が大倭の国の畝火・香簗・耳梨の三山が闘い合っているとお聞きになった。そこで
諫め止めようと思われて、上がって来られた時、ここに到って、闘いが止んだとお聞きになって、その
乗っていた船を覆せて鎮座した。だから、神阜と名づけた。丘の形は、船が覆ったのに似ている。〟
     (中村啓信 監修・訳注  橋本雅之 現代語訳 『風土記 上』  角川ソフィア文庫)

ここの話から思うに、
ヤマト王権の豪族の争い(山の争いは豪族の争いではなかろうか)に、出雲の王が出向いて、仲裁
だけの力があったのだろうということです。
富家伝承本によると、倭国大乱の時代、出雲族が治めていた播磨国は、アメノヒボコ族に取られ、そ
後、孝霊天皇・吉備津彦がアメノヒボコ族を攻め入って、出雲まで攻められたことになっているの
で、出雲美作道を通って仲裁に行けたのは、かなり、初期の時代のことだと思います。

揖保の地名が、阿菩大神の名前から来ているかと思いきや、葦原志許乎(大国主命)とアメノヒボコ
の逸話から、米粒の落ちた「粒丘(いひぼおか)」から「いぼ」が来ているのだそうな。
でも、阿菩(あぼ)から揖保(いぼ)になったことも考えられるし、もともと、いぼおおかみであり、
付けで揖保→阿菩の可能性もあるのではないかしら。そもそも弥生時代の話を奈良時代の書物で判
断すること自体に無理があるように思います。


■ 中大兄皇子 大和三山の歌

さて、この播磨風土記に出てくる大和三山の争い事と、その調停をしようと出雲からやってくる阿菩
大神の話は、有名な万葉集の中大兄皇子(なかつおほえのみこ)〔近江宮に天の下知らしめしし天皇〕
の三山(みやま)の歌にも出てきます。

一説には、天智天皇と天武天皇が、額田王との三角関係を歌ったものだと云われています。さて、ど
うなのでしょう。

大和三山の詳細については→ ウィキペディア 大和三山

藤原京から見る 天香久山(あまのかぐやま) 標高は152.4メートル
e0354697_11401996.jpg

〝巻1-13
 香具(かぐ)山は畝傍(うねび)を男々(おお)しと 耳梨と相諍(あらそ)ひき。
    神代よりかくなるらし。古(いにしへ)も然(しか)なれこそ、うつそみも、妻を争ふらしき 
 
 昔女山なる香具山が、同じ女山なる耳梨山と、畝傍山を男らしい山だ、と奪い合いをしたというが、
 恋の道にかけては、神代からそうだったのに違いない。(その後、人の世になって、幾千年経ってい
 るが)昔の神々も、そうであった所からして、肉身の人間も、配逑(つれあい)を取りあいするのに
 違いない。(この御製をもって、額田ノ女王を争われた、自己弁護の如く解する古来の学者の考えは、
 おそらくは誤解で、天皇にはそうしたお考えもなく、ただ三山の妻争いの伝説から、一般社会のこと
 を述べられたものと見るがよかろう。)
                    (『万葉集 上 』折口信夫 訳 河出書房新社より)
 
 
 藤原京から見る耳成山(みみなしやま) 標高は139.6メートル

e0354697_11410290.jpg

〝巻1-14
 香具山と耳梨山(みみなしやま)と争(あ)ひし時、
                       立ちて見に来(こ)し印南国原(いなみくにはら)

 香具山と耳梨山とが、夫(つま)争いに対抗しておった時分に、それをわけるために、わざわざ、
 雲から阿菩ノ大神が出て来られたという、ここがその印南の平原である。〟              
                     (『万葉集 上 』折口信夫 訳 河出書房新社より)


藤原京から見る畝傍山(うねびやま) 標高は198.49メートル

e0354697_11403616.jpg

私が、藤原京を訪れたときは、藤原京の中にあるグラウンドで、少年野球大会が開催されておりまし
た。それと、コスモスの撮影会なるものも催されていました。
私は、持統天皇時代の都を想像しつつ、大和三山の争いはいったい何を意味しているのかを考えなが
ら、ゆっくりと歩きまわりました。
以下 単なる私の想像です。

中大兄皇子の時代の神代とは、おそらく、葛城王朝の初期段階の話であったろう。
天香久山は、尾張氏の先祖である天香具山命の名の山でもあり。持統天皇は女帝ではあるが、男の天
皇が初期は多いので、たぶん男山であろう。そうなると、あの耳成山は、どこかの王家を指すので
ないか。
畝傍山だが、大和の出雲族ー磯城登美一族は、もとは、三輪山の前ではなくて畝傍山の背後の葛城山
方面にいたそうなので、磯城登美一族のお姫様をめぐっての争いだったのではないか。


■ 拝殿の前の丸石 

さて、話は伊佐賀神社にもどります。

伊佐賀神社拝殿前の丸石

e0354697_11434743.jpg

拝殿の前に丸石が置かれておりました。ちっちゃな狛犬が丸石を守るように相対しています。
西谷3号墓の「石主」を思い出しました。
案外、ここの神社も古墳の上に神社があるのではないかななどと想像しました。
阿菩大神の霊魂の依代なのかも。


西谷3号墓の石主

e0354697_11423475.jpg

〝第4主体の土器を取り除いていくと、玉砂利が出てきました。さらに掘り下げると、窪みの底から、
水銀朱で赤く塗られた円礫が出土しました。ちょうど遺体の上半身の真上あたりでした。〟
〝これらは、霊が憑依した依代、つまり「石主」だったと考えられます。〟
                         (出雲弥生の森博物館の展示説明板より抜粋)

玉(たま)は、魂(たましい)なんですね。
※西谷三号墓は弥生時代の終わりごろに造られた東西40m、南北30mの大形の四隅突出型墳丘墓
す。


■ 阿菩大神は何代目オオナムチか?

神社の説明板には、「御系統は不詳であるが・古史成文古史系図には焼太刀守大穂日子命として記載
されている。」とあります。この「古史成文」「古史系図」とは、平田篤胤の著書のようです。平田
篤胤 古史系図(1815年)で確認してみた所、「焼太刀守大穂日子命(やきたちひもりおほほびこの
みこと) 出雲国阿菩大神是呼」とあり、鹽冶毘古命(やむやびこ)の御子と記載してありました。
延喜式神名帳(927年)でも、出雲国神門郡に鹽冶日子命御子燒大刀天穗日子命神社とあります。

伊保神社(伊佐賀神社)略記 

e0354697_22490937.jpg


富家伝承本、の系図によれば、味鋤高彦御梶姫(アメノミカジヒメ)の御子である塩冶彦の御子に、
「速甕之建沢谷地乃身」の名前があります。

斎木雲州著『出雲と大和のあけぼの』(大元出版)からの系図抜粋

e0354697_01435327.jpg
この「速甕之建沢谷地乃身」が、「焼太刀守大穂日子命」と同じかわかりませんが、この神は大国
主命から数えて、4代目で、オオナムチ11代目です。その頃はいまだヤマト王権にも、力があった
ように思えます。
となれば、大国主命の「国譲り神話」とは、矛盾したものとなります。

by yuugurekaka | 2017-01-07 15:27 | 出雲と大和


富能加神社(ほのかじんじゃ)   島根県出雲市所原町3549

祭神 本牟智和気命(ほむちわけのみこと)

    肥長比売命(ひながひめみこと)

    (配祀)伊弉諾尊・伊弉冉

「出雲風土記」(733年)の神門郡の「保乃加社」として比定されています。

出雲市内から県立自然公園立久恵峡へ向かう途中の所にある神社です。

e0354697_17430945.jpg


古事記の本牟智和気命の話
本牟智和気命は、垂仁天皇と沙本毘売命(さほびめのみこと)との間にできた皇子です。
沙本毘売は、実兄の沙本毘古王(さほびこのみこ)とともに天皇に反乱を起こします。
そして、兄の稲城にこもった沙本毘売命は、その城が火に包まれた中で、本牟智和気命を出産し、亡くなります。

本牟智和気命は、垂仁天皇に鍾愛されたが、長じてひげが胸先に達しても言葉を発することは無かったのです。
天皇は皇子をしゃべらせようと、いろいろ手を尽くしていたが、ある晩 夢を見ます。
何者かが現れて「我が宮を天皇の宮のごとく造り直したなら、皇子はしゃべれるようになるだろう。」と述べました。
夢で現れたものは何かと占わせると、物言わぬは出雲大神の祟りとわかりました。

天皇は、皇子を曙立王、菟上王とともに出雲に遣わし、大神を拝させました。
その帰り、肥川の中州の仮の宮で休んでいると、出雲国造の祖先 岐比佐都美が来て
青葉の山を飾りてその河下に立てて神に食事を捧げようとしていた。
それを見て皇子は、「この河下の青葉の山のようなのは山のようで山ではない。
もしや石くまの祖宮に鎮座されている葦原色許男大神(あしはらしこおのおおかみ)を祭るために仕えている神官の祭場ではないのか」と問われました。

言葉を初めて話されたのです。御伴は喜び、皇子は檳榔(あぢまき)の長穂宮で泊まることになります。
そこで、出雲の肥長比売(ひながひめ)と一夜の契りを結びます。覗いてみると蛇だったので驚いて逃げます。
肥長比売は、船を輝かせて追って来たので、船を山に引き上げて、倭に逃げ帰りました。

皇子がしゃべれるようになったことを天皇は大いに喜び、菟上王を出雲に再び送り、神宮を造らせます。
また、この御子のために、鳥取部(ととりべ)・鳥甘部(とりかいべ)・品遅部・大湯坐(おおゆえ)・若湯坐(わかゆえ)を定めました。

                       100段以上ある富能加神社の石段
e0354697_17415951.jpg


ここの神社が「檳榔(あぢまき)の長穂宮」だったという言伝えもあるようです。
でも、ここは斐伊川の上流ではなく、神戸川の上流に位置します。

この古事記に述べられている話が、興味深いです。
ヤマト王権が出雲大社を造ったものの、その後 遷宮は行なわれず
出雲大神の祟りを招いたということです。

それと、いつも出雲の神様は、対 ヤマトの話では
蛇神として登場してきます。
ここでも 覗くと蛇だったというオチです。

きちんと祀っておれば
ヤマト王権の守り神になるが、
おろそかにしていると祟るという そういう展開です。

それと、古事記の中には
コノハナサクヤヒメの誓約(うけい)の火中出産の話があります。
妻問い婚の時代、生まれてくる子どもが
天皇の子どもであるということを証明するのに
産屋に火をつけるというのが、もしや慣例化されていたんでしょうか。


富能加神社拝殿 
e0354697_17433283.jpg

神社参道にあった由緒書

創立年代は不詳であるが、永久二年二月再建の棟札の ある処から見れば、
鳥羽天皇以前に斎祀された事は明 らかである。社伝によれば延喜の御世には
社殿も壮厳 にして朝廷の崇敬の篤かったのであるが、
後兵乱の為 衰微し何時の頃からか安谷の星神山の中腹の厳窟に鎮め奉り、
麓に拝殿を設けて祭事を執行した。
明治四年 十二月小野神社に代って所原、見々久の産土神社に指 定された
(見々久は明治十七年六月御崎神社を産土神 社に定められ分離)
又明治四十四年十二月、現在の小野 山麓に移転し小野神社を合祀することになった。


富能加神社 本殿
                          
e0354697_17433876.jpg

星神山ということで、安来の清水寺の前の星神神社を思い出しました。
安来の星神神社は「ほのか姫」を祀っていたと思います。
このほのか姫は、「出雲神社巡拝記」(1833年)で
「星宮大明神は保能加神社で祭神はほのかひめの命」だと書かれています。

星神さんは、ここの地方では、
日本書記に登場する天香香背男(あめのかがせお)ではありません。

星は、「ほのかに光る」ということで、「ほのか」なのでしょうか。
火中出産で「火(ほ)のなか」で ほのか説もあるようですが
よくわかりません。


富能加神社 石段 下り 
e0354697_17434231.jpg

急な石段です。
行きはよいよい 帰りは恐い。


by yuugurekaka | 2015-08-01 21:06 | 出雲と大和

建国記念の日に 思う

「建国記念の日」。
そもそもが、『日本書紀』の神武天皇の即位日として、
1873(明治6)に、2月11日と定められた紀元節です。

神武天皇の即位とは、紀元前660年2月11日と、
されています。神話の世界ともいうべき話なのです。→Wikipedia 建国記念の日
こうなってくると 日本書紀に書かれている
その建国神話を信じるか信じないかが、重要な要素なのです。

諸外国は、どのような日を建国記念日と定めているか
調べて見ると →Wikipedia 諸外国の建国記念日
「植民地であった国が独立した日」とか「君主制から共和制を樹立した日」が結構多いです。

1) 日本は 建国記念の日からして、特殊です。
始まりから、日本は「国民国家」ではないのです。
また 戦争に負けたからと言って、自動的に「国民国家」になるとも思えないのです。

だから、ナショナリズムを持ち出されると、いつも私は微妙な感情が湧き上がってきます。
私は、ナショナリズムに対し、否定的な立場ではないですが
世の中では、戦前型のナショナリズムしか聞かれなくて
「日本には国民国家のナショナリズムの型がないのか?」
と思うぐらいに テレビの討論番組には がっかりします。

e0354697_15061193.jpg


2)最近 関 裕二さんの「古代史の秘密を握る人たち」を読んでいるのですが
2001年の発行で、この時点で 特別 出雲王朝存在説を主張されている方ではないようですが
結構 この人の着目点が面白いです。

「実在した?しない?大国主命の正体」の項で 紀元節のことが書かれていますが
その紀元節の中で
「天皇は、平安時代から、園神(そのかみ)・韓神(からかみ)祭りというものを
行なっていた。それぞれの祭神は、園神が大物主神で、韓神が大己貴神(大国主神)と
少彦名神、どれも出雲にかかわる神だ。」(238ページ)

そもそも、その紀元節の起源が、出雲の神を祭ることとは どういうことなのでしょうか。
インターネットで いろいろ調べて見ました。
この方のブログが 詳しい。→建国記念日の本当の真相を知ったら・・・

私は、子どもの頃、病弱だったため、
体育の時間に休んで 図書室で古事記をよく読んでいました。
しかし、ヤマト王権の前に 出雲王朝があったなどと人に言うと
たいへん「罰当たり」みたいなことを言われることが多かったように思います。

しかし、古事記や日本書紀に書かれているでしょうと
思うのですが、なぜ?

大人になったらなったで また 逆の立場からの批判。
「皇国史観」の材料になったこととして 
古事記・日本書記は、当時の政権の作った創作でしかなく
史実ではないということ。

当然、古事記や日本書紀は 創作したものや言伝えのもので 
史実ではありません。
私は、古事記や日本書紀を神聖視する者でもありません。

しかし、歴史的な書物というのは
書いた人の都合の良い創作というものはつきものです。
どのような歪曲的な形であれ、
なんらかの史実が「反映」 したものです。

明治政府や近代の政府が 上書きしたものだけを
日本古来の伝統であるかのように言うのは
日本の将来のためにも 良くはないと思います。

懐かしの洋楽ポップスシリーズ
ポール・サイモン 「アメリカの歌」



ポール・サイモンは好きですが
正直な所、和訳された詩を 読んでも 今一つ よくわかりません。
私がアメリカ国民でないのはもちろんです。
ベトナム戦争に介入して 敗北した当時の 憂国の情を
どのようにとらえたら良いのか わかりません。

そういう理由もありますが、今も ひたすら 国というものが遠い
と感じるからです。
戦前は 国とは 命ずる存在だったかもしれませんが、
じゃあ 戦後はどうなのかです。
税金払って富を分配されるだけの存在なのでしょうか。


by yuugurekaka | 2015-02-11 18:55 | 出雲と大和