カテゴリ:ドラヴィダ民族 渡来( 1 )

タミル語 日本語起源説

最近、大野晋(おおの すすむ)氏の「日本語の起源を古代タミル語にあるとしたクレオールタミ
ル語説」の本を何冊か借りて読んでいます。(➡ ウィキペディア 大野晋  
縄文時代後半から、遠いインドの南部から海を渡って日本に流れ着いて、弥生時代の文化をつく
ったということなんですが、私などには子供時代からの“朝鮮半島からの渡来”が頭に染み込んで
いて、そうう説が、にわかには信じられません。

タミル語を含むドラヴィダ語圏  ウィキペディア ドラヴィダ語族 より
 
e0354697_14005062.png
にわかには信じれませんが、著名な国語学者である大野氏が、バッシング覚悟でああもタミル語
説を追及されるには、なにかしらそれなりの理由があるに違いないと思いますし、そのかけらが
少しだけでもわかればと思い、少しずつ読んでいきます。

タミル語といえば、約18年前日本でもヒットしたタミル映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』を思い
出します。(インドは言語や文化が南北で大きく違い、北部インドを中心とするヒンディー語で
つくられる映画【ボリウッド】と南部インドの言語であるタミル語で作られる映画【コリウッド
の主な二つの映画があるようだ。)

映画 『ムトゥ 踊るマハラジャ “Thillana Thillana” (1995)


この映画を初めて見たとき、この歌と踊りにびっくりしました。
民族的なものと近代の音楽が結合し洗練されていることに特に感激しました。女優のミーナさん
の顔がまた愛くるしい。

さて、タミル語を話すドラヴィダ系の人が縄文時代の終わりに日本に来たということなんですが、
映画に出てくる人たちは、総じて色が薄黒くて日本人の顔とは大きく違います。
人種としては、南方モンゴロイドに属するらしい。
(➡ ウィキペディア ドラヴィダ人 

日本人の起源論としては、最近ではアイヌ人も含めて北方モンゴロイド説が言われているようで
してこのタミル語渡来説はいったいどうなのでしょうか。
(➡ ウィキペディア 日本人バイカル湖畔起源説 

出雲王族の末裔富家伝承では、出雲族はドラヴィダ族でアーリア人に追われ、南の海からではな
ゴビ砂漠を北に進み、シベリアのアムール川を筏で下って津軽半島に上陸したといいます。
それから南下し、全国に広がったそうです。

ユーラシア大陸の北方を移動する長い道程で、北方モンゴロイドと混血していったのでしょうか。


by yuugurekaka | 2016-06-29 14:09 | ドラヴィダ民族 渡来