1)門寺廃寺跡


神門郡朝山郷が、神門臣のそもそもの拠点だったとよく言われます。それは、神門臣たちが建

てた寺とされる「新造院」が、朝山郷にあるのが一つの理由のようです。飛鳥時代~奈良時代

はそうだったのかもしれませんが、それ以前は、あちこちに拠点があったのではないのだろう

か、たとえば石見の仁摩町にもあったのだろうか、いやいや、そもそも島根県内だけの話で想

像するのが間違いで、日本の国譲りの話が、出雲国の国譲りに間違って理解される原因になる

のかもしれません。


神門寺 島根県出雲市塩冶町821番地

現在では、朝山郷の新造院として比定されているようです。神門寺境内廃寺は、瓦類から七世紀後半までさかのぼ

ることが出来るようです。


e0354697_18044293.jpg

現在神門寺が、存在していた地域は、奈良時代の日置卿の場所とばかり思っていました。ここも

朝山郷となると朝山郷の領域がどこまでだかようわかりません。神門川東岸を細長くびよーんと

したのが朝山郷なのかしら。出雲風土記の記載が間違っているという説もありますが、加藤義成

氏の説ように、元々馬木不動さん付近にあったものが、移転されたというのもあるやもしれませ

ん。それと出雲風土記では、新造院を建てた人物の名前が記載されているのに、なぜだか神門郷

だけは、神門臣たち、刑部臣たちとしか記載されていません。

いろいろとわからないことだらけですが、風土記記載の朝山郷そのものに行ってみます。


2)もしや朝堂院の郷では?


“朝山郷。郡家の東南五里五十六歩の所にある。神魂命の御子、真玉着

玉之邑日女が鎮座していらっしゃった。そのとき、所造天下大神、大穴

持命が娶りなさって、朝毎にお通いになった。だから、朝山という。”

          (解説 出雲風土記 島根県古代文化センター編 今井出版


朝山神社  島根県出雲市朝山町1404 宇比多伎山に鎮座しています。

御祭神は真玉着玉之邑日女命・神魂命・大己貴命。


e0354697_15341660.jpg


ここの記載で初めは、いわゆる大国主命の妻問い婚の地名説話に思えました。

しかし、妻問いというものは、暗くなって来て一夜を共にし、朝に他所に帰ることです。

“朝ごとに毎日通う”とは、一体全体どういうことなのか。

朝…うーん。朝で思い浮かぶのは、朝廷…朝堂院…。(朝堂院とは、 → ウィキペディア 朝堂院

そうだ、大穴持命の政治や祭祀を行うところが、ここの朝山郷にあったのではないだろうか…そう

いう考えが浮かびました。

なんで、帝は「早朝に政務を行う」のかわかりませんが、孝徳天皇が定めた礼法によれば、冠位を

有する官人は、毎朝午前4時ごろまでに、朝廷南門の外に並び日の出ととも庭に入って天皇に再拝

することになっていたといいます。(→ウィキペディア 朝政 ) 


3)朝山六神山

この“郡家の東南五里五十六歩”というのが、朝山神社がある宇比多伎山です。この朝山郷には、

宇比多伎山をはじめ朝山の盆地を囲むような「朝山六神山」の記載があります。


“宇比多伎山。郡家の東南五里五十六歩の所にある。

(大神の御屋である。)

 稲積山。郡家の東南五里七十六歩の所にある。

(大神の稲積である。)

 陰山。郡家の東南五里八十六歩の所にある。

(大神の御蔭である。)

 稲山。郡家の正東五里一百一十六歩の所にある。

(東に樹林がある。ほかの三方は磯である。大神の御稲である。)

 桙山。郡家の東南五里二百五十六歩の所にある。

(南と西に樹林がある。東と北は磯である。大神の御桙である。)

 冠山。郡家の東南五里二百五十六歩の所にある。

(大神の御冠である。)”

          (解説 出雲風土記 島根県古代文化センター編 今井出版)

  

 ※ 磯は、海岸の磯だけではなく、岩石の露出した岩場らしいです。


大国主命の御屋=王宮、稲を積んだ所、御蔭=髪飾り、稲、鉾、冠というように、大国主命の御

用物(ごようもの)に山々を見立てた山のようです。実際に、行ってみましたが、山々が連なっ

ていてどこがその山なのか、よくわかりませんでした。

そこで山々が、わかりやすく分離した地図がないものか調べたところ、マピオンの地図がありま

した。マピオンの地図に、風土記記載の山を書き入れてみました。

その山は、加藤義成氏の比定地です。


加藤義成説の六神山比定地


e0354697_14462656.png

一つ一つ見ていきますと、


宇比多伎山 中央の山。


e0354697_14493870.jpg

前にも山があり、横の山にも連なっていまして、わかりにくいです。トンネルの近くにある鳥居

から山道を登って朝山神社に参拝したことがありますが、かなりの急な道です。

今でこそ、自動車で境内近くまで登れますが、昔の人たちは、かなりの脚力がなければ、参拝すら

できなかったのでしょう。


稲積山 南中学校の方から写しました。前方に見える山ではなくて、前の杉尾神社のある丘です。

うーむこれもわかりにくいです。稲が積んであるようには見えません。


e0354697_14464423.jpg

陰山 麓に岩根寺のある山のようです。

e0354697_14482275.jpg


稲山と桙山 奥に見えるのが桙山です。手前の丘が稲山です。
桙山(ほこやま)は、不思議な形の山ですね。


e0354697_14500581.jpg

冠山 この冠山が非常にわかりにくいです。どれかなー。中央に見えるは、出雲市立南中学校。


e0354697_15340385.jpg

風土記記載では、桙山と距離が同じなので、桙山の東の山も丸くて、冠山でいいような気がする

のですが…。桙山と陰山の間の南側の山も、加藤説とは別の冠山の比定地らしいです。

北側の姉山や立巌トンネルが走っている山が、かなり存在感がありました。これが六神山だと

わかりいいんですが。


姉山 中世に姉山城がありました。


e0354697_14490026.jpg

立巌トンネル 高速道路が通っています。


e0354697_14480470.jpg


by yuugurekaka | 2016-04-30 15:55 | 神門臣


神門川(現在の神戸川)の西方の知井宮町に「真幸ヶ丘」という丘があります。
昔は、「山崎ヶ丘」と言われていましたが、明治40年5月29日、時の皇太子様(後の大正天皇)
行啓の折に、この公園に立ち寄られ、それを機に「真幸ヶ丘」(まことにさいわいなおか)と改
名されたそうです。


真幸ヶ丘公園(まさきがおかこうえん) 出雲市知井宮町1327-1

e0354697_22414996.jpg

真幸ヶ丘公園 名前の由来


e0354697_22420164.jpg


現在は公園として整備され、スポーツ施設もあり、まことに幸いな公園ですが、弥生時代の末期

はそうでもなかったようです。


“その付近は平野なので、王宮の西側と東側に幾重にも堀を作って防衛線とする決意であった。

ワミ国の静間川中流の川合(大田市物部神社の地)に集結した物部・豊連合軍は、多伎の小田

を通って出雲平野を目指した。……中略……西出雲軍の大部分は、あわてふためき南方(古志町)

に敗走し久那子の丘に集結した。”

                 ( 斎木雲州『出雲と蘇我王国』 大元出版 46頁より)


久奈子神社 島根県出雲市古志町2254



e0354697_22433019.jpg


“そこはサルタ彦大神のこもる鼻高山を遥拝するイズモ王国の祭りの場であった。久那子の丘の

戦も死闘を繰り返したが、両軍ともに苦戦した。最後に西出雲王家が支配権を失う形で、講

和とった。講和を締結したのは、出雲王朝最後の主王・山崎帯(たらし)であった。講和締結

の場・那子の宮は、そののち中世まで「和評宮(わはかりのみや)」と呼ばれた。”

                 ( 斎木雲州『出雲と蘇我王国』 大元出版 46頁より)


久奈子神社境内から望む鼻高山


e0354697_22434595.jpg


“東征軍の将軍の一人である宇佐家出身の菟上王は、焼けた神門臣家宮殿跡に九州式の建物を建

て、占領軍として滞在した。その建物は後に知井宮になった。”

                 ( 斎木雲州『出雲と蘇我王国』 大元出版 46頁より)


智伊神社 島根県出雲市知井宮町1245 

祭神 高皇産霊神 元々は1.5km東北にある多聞院(智伊神社の神宮寺) 南に隣接していたそうです。

弥生から古墳前期にかけて多聞院遺跡があり、智井神社は、古くは、神門水海に流れる神門川河口に位置し

いた神社だったようです。



e0354697_22424520.jpg

智伊神社拝殿
智伊神社は、貞観13年(871年)に従五位上に神階を叙位されています。
出雲大社との関係も深く、大社遷宮の折、下付された古材をもって、神社の造営がされていたと伝統がある
うです。


e0354697_22430194.jpg


神戸川の西方面…古志郷が、弥生時代から奈良時代にかけては、神門郡の中心地のような感じが
ます。

by yuugurekaka | 2016-04-22 01:30 | 神門臣

出雲風土記時代(733年)の神門郷は、現在の出雲市の街の中心地というべき場所です。

ウィキペディア 神門郡

奈良の時代に、神門郡と言うことを考えると、本来ならば、「出雲市」ではなく、「神門市」と

名づけたほうが、いいのかもしれませんが、氏族の興亡故か、現在は出雲市となっています。


自分の中でも長らく「出雲」とは、出雲国の西部が本来の「出雲の場所」だと思っていましたが、

いろいろな文献を読むにつれ結局、東部出雲の出雲臣の西方移動に伴って、西部が出雲と呼ばれる

に至ったのではないだろうかと思うようになりました。


式内社 神門郡 塩冶神社 : 島根県出雲市上塩冶町1749-1

大国主命の孫神 塩冶比古命を祀っています。


e0354697_18055023.jpg

出雲風土記(733年)の神門郡の記載によれば


神門と名づけるわけは、神門臣伊加曾然(かんどのおみいか

そね)の時に神門を負担した。だから、神門という。そして神

門臣たちは古より今に至るまで、ここに住んでいる。だから、

神門という。

            『解説 出雲風土記』島根県古代文化センター編 今井出版


この「神門」というのが、様々な見解があるといます。漢字でこう書くと、神の門、…鳥居のこ

とではないのかと思ってしまいます。実際そういう説が強いそうです。


“神門郡に関わる「御門」は、出雲風土記によれば三箇所あったという。神門郡以外の場所は、

現在の雲南市三刀屋町内と仁多郡奥出雲町の猿政山(御坂山)である。

神門郡の「神門」とは、出雲大社の鳥居及び出雲大社の遥拝所というのが、各研究者の説であ

る。…中略… この郷名由来の従来の解釈は、‘神門氏が大社の鳥居を寄贈した(奉った)か

ら「神門」という’説が多い。”(嘉本安夫『出雲風土記と神話の元・基』 今井出版)


嘉本安夫氏は、“風土記が編纂される以前から郡内に在る景勝地の立久恵峡が、「神門」と言

われていた。そうしてその周辺地域の呼び名も通称「神門」と言われていたことから、郡名

がこの名称にになったのが真実と考え”でおられています。


立久恵峡


e0354697_12283554.jpg


e0354697_12395497.jpg

風土記には立久恵峡の所に、門立村とあります。神門川(現在の神戸川)の両岸に岩山がそび

え立ち、それを門と捉えて、その門が立っている村名であるそうです。

立久恵峡とは、→出雲観光ガイド 立久恵峡

確かにそびえ立つ山々に挟まれた峡谷は、神々しい雰囲気があります。


出雲大社の鳥居を献上したから、神門臣という名になったというのは、大国主命の後裔とされ

る神門臣としては、あまりに矮小化された話としか思えてなりません。



さて、学研の古語辞典で、「神の御門」を調べてみますと、(神門では検索しても何にもでま

せんでした。)


かみ-の-みかど 【神の御門】

①神殿。神がいらっしゃる所。

②皇居。朝廷。


となれば、いわゆる鳥居ということではなくて、王宮なのではないでしょうか。

富家伝承では、神門臣は、西出雲の王家で、大国主命(八代目大穴持)の末裔の氏族です。 

“大工の人件費なども、神門臣家が負担した。大社の社殿は神門臣家の所有でもあるので、本

殿の鍵は神門家出身の上官別火が所持していた。”(斎木雲州『出雲と蘇我王国』大元出版)


出雲大社 出雲大社(杵築大社)は、神門郡ではなく出雲郡にあります。



e0354697_18051881.jpg


出雲大社の創建の頃の話ですので、それから、神門臣の名になったというのは、ちょっと年代的に

合わないので実際は違うとは思いますが、出雲風土記の文章の脈絡上は問題にないようにも思えま

す。


古事記の「国譲り神話」のくだりで、大国主命の子神のアジスキタカヒコが、アメノワカヒコ

に間違われ、その喪屋を刀で切り伏せる話があります。

“その喪屋を切り倒した太刀の名は、オホハカリと言うての、またの名をカムドの剣とも言う

ておるのじゃ”(三浦佑之 訳・注釈 『口語訳 古事記』文春文庫)


この剣の名前「カムド」が、神門ではないのかな?

意味はわかりませんが、漢字から考えるのは後世の考え方で、なにも起源が出てこない気がし

ます。


神西湖 神門水海(かんどのみずうみ)の名残。


e0354697_18045636.jpg



by yuugurekaka | 2016-04-14 18:35 | 神門臣

出雲神奈備神社 島根県出雲市里方町324



e0354697_01442572.jpg


出雲平野の北側に「鼻高山」という北山山系の最も高い峰(536m)を遥拝する神社があります。

鼻高…といえば、サルタヒコノミコトを思い浮かべます。

現在の祭神は、天乃御中主大神、天照皇大神、大巳貴神となっています。


その鼻高山から、西の山谷を「神門谷」(ごうどだに)と云います。神門臣家の親族が住んでいた

名残りだと思われます。(参考 斎木雲州『出雲と大和のあけぼの』大元出版 34頁)

そこらあたりの郷は、奈良時代 出雲郡伊努郷(いぬごう)と云い、神門臣家の「赤衾伊努意保須

美比古佐倭氣命」(あかぶすまいぬおおすみひこさわけのみこと)を祀る伊努神社があります。国

引き神話の八束水臣津野命の子神であります。


伊努神社 島根県出雲市西林木町376


e0354697_01441696.jpg


また、少し東に行きますと、神門臣家の大国主命の子神のアジスキタカヒコノミコトを祀った都我

利神社があります。(アマノワカヒコに間違われ怒り、喪屋を剣で切りましたが、その剣を我利と

云い、神社の名前となったそうです。)


都我利神社 島根県出雲市東林木町672 



e0354697_01445800.jpg

出雲風土記の時代には、出雲平野の北側、北山山系の山麓には、同名の神社が多数ありました。

(キヅキ社7社、アズキ社40社、クサカ社3社、イヌ社12社、ミタミ社13社、アガタ社3社)

出雲平野はその当時、新開地であり(出雲大社の前の平野も)、「同じ地域にたくさんの神社を建

てているということは、各地から集まった人がいくつもの小さい集団をつくって、開拓に従事して

いたことを示すものである。」(鳥越憲三郎『出雲神話の誕生』講談社学術文庫 107頁)とい

うことで、出雲平野の大部分は 湿地帯で、地域の開発は案外新しい(700年代)もののようで

した。


の長浜と出雲平野 大社町の奉納山より写す。 


e0354697_01481555.jpg


しかし、鼻高山の東南(鳶が巣山の南方)の麓(都我利神社の南方面)では、国道431号線

バイパス建設の折に、弥生時代中期後葉や後期の四隅突出型墳丘墓4基等を有する青木遺跡(弥

生時代平安時代)の発見されました。北山山系の麓にもかなり古くから祭祀のある集団がいた

のです。


※青木遺跡の詳細は、→ 全国遺跡報告総覧 “青木遺跡II弥生~平安時代編”

 YOUTUBEにもありました。→「神祭りの場か-出雲市青木遺跡-」短編(出雲市東林木町)



by yuugurekaka | 2016-04-09 09:57 | 神門臣

よく 古代出雲の本を読んだり、シンポジウムを聴いていて、がっかりすることが多いです。古代出雲の有名な学者の先生方が、出雲王朝など大半認めていないからです。

荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡の発見などあり、古代出雲ブームが起こりましたが、「古代出雲王朝など無かった」という通説が翻ることはなかったのです。

結局は、出雲にも有力な豪族がいたかもしれないレベルの話にしか自分には思えていません。

大国主命も朝山郷の小さな豪族に過ぎなかったものが、ヤマト王権の権威を高めるために、もちあげられ利用された…そんなところでしょうか。

そういうがっかりポンなことを考えつつ、自分の妄想を黙々とブログを書いているところでございます。

 

さて、それはさておき、東出雲の拠点は、松江市の大庭のあたりが拠点であったとおぼろげながらも思えてきますが、古代の西出雲の拠点がどこなのだろうというのが、自分の中で今一つ浮かんでこないのです。


 三屋神社(みとやじんじゃ)が、出雲風土記の記載から考えて、古くは、西出雲の王宮のあとなのかもしれませんが、(斎木雲州氏の本によると、出雲大社の元宮だったらしい。)


“三屋郷。郡家の東北二十四里の所にある。所造天下大神の御門が、ここにある。
だから、三刀矢(みとや)という。(神亀三年(726年)に字を三屋と改めた。)
この郷に正倉がある。”
     『 解説 出雲風土記 』 島根県古代文化センター編  今井出版

三屋(みとや)神社  島根県雲南市三刀屋町給下865

e0354697_00383391.jpg

三屋神社 拝殿と本殿


e0354697_00372821.jpg


松本古墳公園 看板


e0354697_00412779.jpg


古くは、― いつの時代かわかりませんが…―、三屋神社は、裏山の松本古墳群の上にあったという伝承があるそうです。古墳の上の神社ということで、古いとすぐおもってしまいがちですが、ここの古墳は古墳時代前期の古墳なので、出雲王朝の隆盛の弥生時代よりは、時代が新しいことになります。古墳以前から、大国主命の王宮があったのではないでしょうか。


松本一号墳


e0354697_02105865.jpg



by yuugurekaka | 2016-04-05 10:18 | 神門臣