川辺の出湯跡(かわべのいでゆあと)

e0354697_15061019.jpg


松江市玉湯町にある玉造温泉は、山陰有数の温泉であり、
奈良時代に編纂された出雲風土記(733年)に下記のように記載されている 
古代から続いている温泉です。

「すなはち川の辺に出湯あり。(中略)一たび濯げば
すなはち形容端正しく、再び沐すればすなはち万の病除ゆ。
古より今に至るまで験を得ずといふことなし。故れ俗人、神の湯と白ふ」

川のほとりに温泉がある。一度、湯で体を洗えば美しくなり、
ふたたび湯浴みすれば、どんな病気も癒えてしまう。
昔から今まで効果のなかった人はいない。
だから人々は「神の湯」と呼んでいる。(玉造温泉 温泉の歴史秘話 より

近年まで(大正時代に 開発され ここの下流でお湯を掘られるようになった)
一畑薬師という石灯籠が見える後方が、玉造温泉の中心街だったらしく
川辺には 石で囲われた露天風呂があったといいます。

湯薬師堂

e0354697_15061046.jpg


延慶2年(1309)に創建されたそうです。
“玉湯を治めた佐々木判官義綱が病にかかった際、
家臣が夢のお告げで玉湯川を掘ると、
薬師如来像が見つかって湯が噴き出し、
義綱が湯治をすると病が治ったため、
薬師堂を建てた伝承が受け継がれている”そうです。(山陰中央新報 風土記が伝える美肌の湯 より

つまりは、古代からの(いつが起源かわかりませんが) 温泉が一度埋まってしまい
中世で 再び堀りあてたというわけです。

湯閼伽の井戸(ゆあかのいど)

e0354697_15061056.jpg


湯閼伽(あか)とは仏様に出される供養水の事で
仏教では「塗香」、「華」、「焼香」、「飲食」、「灯明」と共に
六種供養の1つとされ、それを汲み上げた井戸を「閼伽井」と呼ばれます。
閼伽の井戸は 湯薬師堂に供える水を汲み上げる井戸だそうです。

現在、恋来井戸(恋 来る 井戸)とも命名され 玉湯川に泳ぐ錦鯉にエサを投げ
鯉が餌を食べると「恋が叶う」とされています。

e0354697_15061118.jpg


私も エサ(恋叶の素)を買って、玉湯川に撒きました。
しかし、鯉(恋)は 見向きもしませんでした・・・。



by yuugurekaka | 2015-01-29 17:03 | 玉造