母神眠る 比婆山・久米神社  安来市伯太町(1)

日本創造の母神 イザナミノミコトの墓(御陵)のある神社が
島根県安来市伯太町にあると知り参拝しました。安来市観光協会 比婆山久米神社
万物を生み出した神様の、「御墓」が実在するとは、とても混乱しそうな話です。
まあ 日本人の祖先の墓だと思えば、そう不思議な話でもないでしょう。

イザナミの御陵の伝承地というのは、全国にあります。

明治政府は、明治33年調査を行い、宮内省は松江市八雲村の神納山を最も有力として
陵墓参考地」に認定し 岩坂陵墓参考地
内務省は船通山(鳥取県日南町と島根県奥出雲町の境にある)の北にある御墓山を
「伊弉冉尊御陵流伝地」に指定していました。

「古事記」によりますと、「かれその神避りし伊邪那美の神は、出雲の国と伯伎の国
(伯耆の国)の堺、比婆の山に葬りき」とあります。比婆山というと、島根県安来市の
比婆山だけでなく広島県庄原市にも比婆山があり、両方共イザナミの御陵の伝承地で
す。本居宣長の『古事記伝』の記述からは出雲と伯耆の境に近い
島根県安来市の比婆山のほうが妥当性が高いと、考えられています。
Wiki 比婆山より)

「日本書紀」となるとまた、話が違い、紀伊の熊野の有馬村(三重県熊野市有馬の
花窟神社)に葬られたといいます。花窟神社

さて、この「比婆山」ですが、一説には「火場の山」で、たたら製鉄に関係があるとのことです。火の神を生んで亡くなったイザナミノミコトですが、鉄器の技術を朝鮮半島から運んできたとされるスサノオノミコトの母神です。そういう鉄器の伝来という流れで考えると、つながりが面白い気がします。

さて、前置きが長くなりました。
この比婆山というのは、一つの峰の山ではありません。
比婆山は、社祠峰、御陵峯、妙見峰の3つの峰で成り立っています。
イザナミの御陵があるのが、この御陵峰の山頂です。参道が3つあり
私は、久米神社 下之宮(里宮)がある「横屋参道」から登っていきました。

e0354697_15051179.jpg


社祠峰の麓にある 久米神社 下之宮です。
本殿が、なぜか出雲地方の「大社造り」ではなく、お伊勢さんと同じ「神明造り」でした。

e0354697_15051162.jpg


久米神社 下之宮の本殿
e0354697_15051133.jpg
                                                                            

by yuugurekaka | 2014-02-02 23:00 | イザナギ・イザナミ